森友問題は終わっていない! 菅野完が国有地不正取引に財務省関与の新証拠、安倍首相は自民議員の質問に圧力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

安倍首相は西田議員に「松井府知事のことにさわるな」と圧力

 安倍首相は事前に西田議員に苛立った様子でこんな電話をかけていたというのだ。

「西田さんは大阪問題でやりたいだろうけど、それを頼んだのが安倍だと言われたら、なんにもならないからさ」

 この電話が何を意味するかは一目瞭然だ。京都府が選挙区の西田議員は日本維新の会に対して〈一貫して批判的な立場〉を取っている。実際、西田議員は籠池理事長の証人喚問で、小学校設置認可を出した維新の責任という観点から切り込む予定だったというが、安倍首相はわざわざその西田議員に電話をかけて、松井一郎・大阪府知事と橋下徹・前大阪市長にふれないよう牽制したのだ。

 それは、たんに自分と連携している維新を庇うためだけではないだろう。もともと、指摘されているように、森友学園に対する特別扱いは、安倍政権と大阪府の松井知事ら維新が連携したものだった。ここで、自民党の議員が松井知事の責任を追及したら、自分が反撃されかねない、と恐れたのではないか。

 いずれにしても、財務省も安倍首相も明らかに、真相を隠すために、嘘と詐術を使っていたことが明らかになった。

 だが、こんな重要な問題もきょうのワイドショーはまったく報道しなかった。菅野氏は〈手元には、段ボール4箱ほどの資料の束がある。この書類はこの書類の山から見つけた一つにすぎない〉というが、メディアはこうした事実をもっと大々的に取り上げるべきだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

森友問題は終わっていない! 菅野完が国有地不正取引に財務省関与の新証拠、安倍首相は自民議員の質問に圧力のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍昭恵安倍晋三編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
2 安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
3 長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
4 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
5 山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
6 ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
7 加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
8 小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
9 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
10 安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
11 櫻井翔『先に生まれた〜』は維新礼賛?
12 総選挙直後に加計獣医学部を認可の情報
13 自民党がネトサポに他党叩きを指南
14 昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 安倍、森友加計問題の説明する気なし
17 大手メディア衆院選情勢調査の結果は
18 田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
19 民主解党論の裏にジャパンハンドラー
20 高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
1山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
2安倍、森友加計問題の説明する気なし
3マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
4原発ゼロは嘘!小池百合子が再稼働容認
5安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
6高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
7田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
8見苦しい!安倍首相が無告知ゲリラ街宣
9安倍首相が街頭演説からトンズラ
10 自民党がネトサポに他党叩きを指南
11山本太郎「リベラルをひとりも減らすな」
12原発事故の主犯は安倍、裁判所の判断も
13加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
14小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
15希望の党候補に性的関係強要の過去!
16自民党の政権公約の詐欺っぷりがひどい
17ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
18安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
19希望の党が候補者に党への上納金500万円
20昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」