有名ファン逮捕、きゃりーぱみゅぱみゅがネットニュースへの怒りぶちまけ!「紙メディアは燃えにくい」発言も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 確かに、連載開始当初は自分の趣味について書いていたりと割と当たり障りのない内容だったのが、回を重ねるにつれ、前述のネットニュースやスキャンダルに関するトピックのみならず、勝手に盗撮してSNSに上げる世間の人へ苦言を呈したり、エゴサーチして自分への中傷のコメントを確認していることを明かしたり、イベントによく来てくれるファンのツイッターを見ていてその人の個人情報を把握していると告白するなど、どんどん過激になっていっている。高校時代はクラスメイトと共にお笑い芸人を目指していたきゃりーぱみゅぱみゅという人が本来もっていたはずの「毒」。それがこの連載、単行本では全開になっているといってもいいだろう。

 一方で本書がおもしろければおもしろいほど、惜しまれるのは彼女がSNSやテレビではある時期からこうした「毒」を封印してしまっていることだ。

 そもそも〈そのまんまの素の私〉で〈好き勝手なこと〉を言ったり書いたりする発信力は、きゃりーの大きな魅力のひとつ。「あたしアイドルじゃねえし」という本書のタイトルにもあらわれているように、好感度に依存するアイドルとはちがって、孤立や嫌われることを怖れない自分のスタイルをもっているのが本来のきゃりーではなかったか。

 たしかに同調圧力や矯風会的な空気に支配され、少しでも世間とはずれた言動をすると苛烈に叩かれたり批判される昨今の風潮は、どうかと思う部分もある。でもだからこそ、きゃりーにはその空気に抗って炎上やネットニュースなんて怖れることなく、テレビでもSNSでもライブMCでも自由に発信してほしいのだ。
 
 それは、今回の事件についても同様だ。ぜひ、臆することなく、無責任な報道をしたメディアに文句をぶつけてほしい。

 ところで、最後に彼女に謝らなければならないことがある。実は、この連載コラムについて彼女はこんなことを書いていた。

〈そこで、これを読んでいるメディア関係の皆さんにお願いがあります。
 ここからニュース拾わないで〜
 これ挑発じゃないですよ〜!〉

 この記事によってきゃりーにとっての大事な「サンクチュアリー」を壊してしまう可能性があるのは忍びない。が、きゃりーの才能は、そんな閉じられた世界のなかだけにとどめておくのはもったいない。人目を気にせずいつでも、本書のようにやりたい放題に発信してほしいという願いを込めて、ここからニュース拾って記事にさせていただきました。
(新田 樹)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

有名ファン逮捕、きゃりーぱみゅぱみゅがネットニュースへの怒りぶちまけ!「紙メディアは燃えにくい」発言ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。きゃりーぱみゅぱみゅ新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画