政府がAV出演強要問題に乗り出し! 元AV女優「権力の介入はAV業界をさらに危険な場所にする」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
政府がAV出演強要問題に乗り出し! 元AV女優「権力の介入はAV業界をさらに危険な場所にする」の画像1
表現者ネットワーク(AVAN)代表の川奈まり子氏

 本日、AV出演強要問題について、政府が省庁を横断した対策会議を開き、「4月は進学や就職で生活環境が大きく変わる時期で被害に遭うリスクが高い」として、今月中に緊急の対応策を作成すると報じられた。

 昨年より社会問題として取り上げられ続けているこの問題。たしかに、自分の意に反し出演を強要され深く傷ついた女性が存在するのは事実で、業界のルール整備なり、問題の起こらないようなシステムづくりなど、業界として変えていかなくてはならないところが多くあるのはまちがいない。その体制づくりは急務である。

 しかし、現在動いているようなかたちで国が強引に法規制を行うよう進行していくことは、果たして本当の意味で出演者の人権を守ることにつながるのだろうか? むしろ逆効果になる可能性も大いにある。

 拙速かつ安易な規制で業界を潰すことは、その分の仕事が闇マーケットに流れることにもつながり、世間の目の及ばないところで働かざるを得なくなった末端の出演者は、より苛烈な人権侵害を受けるといった展開も考え得るからだ。ひと昔前に風俗産業で起こったのと似たようなことがまた繰り返される危険性もある。

 この問題を解決させるため一番理想的なのは、権力の介入ではなく、業界の内部で出演強要のような問題が起こらないための自主規制のシステムがつくられることだ。そして、現にそういった動きは生まれている。

 たとえば、表現者ネットワーク(AVAN)は、まず、出演に際しての契約書を理解しやすく出演者本意のものに業界内で統一させ、強要被害などが起こり得ないシステムを率先してつくるよう呼びかけている。

 ここのところ、AV業界側からこの問題について議論していこうといった機運もなくなり、どんどん「AV業界は悪の組織」といったイメージが世間に定着しつつあるが、こういった動きをより広く知ってもらい、共に考えていこうという動きをつくることは大事なことだろう。

 当サイトでは昨年、元AV女優で、現在はAVANの代表を務める川奈まり子氏にインタビューを行っている。ここに再録するので、公権力の介入がこのまま進んでいくことが本当の意味で出演者の権利を守ることにつながっていくのかどうか、一度立ち止まって考えていただきたい。
(編集部)
********************

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

政府がAV出演強要問題に乗り出し! 元AV女優「権力の介入はAV業界をさらに危険な場所にする」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。川奈まり子編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
2 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
3 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
4 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
5 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
8 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 財務次官セクハラが海外メディアでも
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
17 高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
19 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
20 上念司もケントと同様、加計の客員教授
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8参加阻止も…官邸前デモの警備がひどい
9 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
16上念司もケントと同様、加計の客員教授
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!