幸福の科学・大川隆法の「星野源」守護霊インタビューを読んでみたら驚愕の内容が…いまも童貞、風呂の鼻歌で曲作り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hoshino_170217_top.jpg
大川隆法『俳優・星野源守護霊メッセージ「君は、35歳童貞男を演じられるか。」』(幸福の科学出版)

 清水富美加の幸福の科学への出家騒動が泥沼化の様相を呈している。レプロエンタテインメントと幸福の科学の間で意見は食い違い、何が真実なのかはもはや誰にもわからない。

 そんななか、この騒動で大迷惑を被っている人たちがいる。大川隆法による「守護霊インタビュー本」に登場させられている人たちである。

 清水富美加の守護霊インタビュー本が今月3日に発売されていることから、この類の本に登場している人たちのことを幸福の科学の信者のように誤解している人がいるが、まったくそんなことはない。

 このシリーズは、大川隆法が“その人物の守護霊を自分に降ろしている”という体で、勝手に出版しているだけのもの。安倍晋三首相、小池百合子東京都知事やトランプ大統領などの政界の人物から、ローラ、木村拓哉、岡田准一、北川景子、菅野美穂、武井咲などの芸能人まで、その守備範囲は幅広い。特に、流行りものには節操なく手をつける傾向があり、最近では、『君の名は。』の新海誠監督や『沈黙-サイレンス-』公開に合わせてマーティン・スコセッシ監督の守護霊インタビュー本なども出版している。

 なかでも被害を被っているのが、星野源だろう。『逃げ恥』ブームに乗っかった『俳優・星野源守護霊メッセージ「君は、35歳童貞男を演じられるか。」』(幸福の科学出版)なる守護霊本が清水と同時期に出版されたため「星野源も幸福の科学信者だったんだ」という誤解が広まっている。

 守護霊インタビュー本がいかに本人とは何の関係ないものなのかを証明するため、筆者は『俳優・星野源守護霊メッセージ「君は、35歳童貞男を演じられるか。」』を読んでみた。すると、あまりの内容に愕然としてしまったのである。

 この本では、星野源(の守護霊)が、「仕事術」のようなものに関して質問を受け、ときにゲスなプライベートのことも交えつつ答えていくという構成になっている。星野源には、ミュージシャンとしての顔、役者としての顔、文筆家としての顔と、大きく分けて3つの側面があるので、ひとつひとつ順番に見ていきたい。

 ちなみに、この本のなかで文筆家としての側面はほぼ出てこない。人知れずエッセイや小説を書いていたなかそれでは飽き足らず、〈知り合いのライターさんを通じて、編集者さんを紹介してもらい、頼み込んで、文筆の仕事をもらうようになりました。事務所には「直接こんな仕事が来たんですけど……」と言いましたが、本当は一人で営業していました(笑)〉(『働く男』文藝春秋)と綴るほど「書く」仕事に憧れとこだわりをもっている人がそこに触れないなどということがあるのだろうか……。

 それはさておき、この本のメインテーマは、やはり『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)で演じた津崎平匡のことだ。彼は、この役のオファーがきたときのことをこのように振り返っている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

幸福の科学・大川隆法の「星野源」守護霊インタビューを読んでみたら驚愕の内容が…いまも童貞、風呂の鼻歌で曲作りのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。幸福の科学星野源清水富美加編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
9 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
10 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
11 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
12 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13 原発広告に文化人や芸能人が
14 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
20 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画