>  >  > 清水富美加と「カルト信者の子」問題

幸福の科学出家騒動は清水富美加個人の責任なのか? カルト宗教信者の子どもたちが抱える問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 子どもたちは自らの生き方、意思でそこに入ったわけではない。親が信者だったことで、その教えを絶対として育った。つまり特定の価値観を子どもに刷り込み、条件付きの愛情と、恐怖で服従を強いるものだともいえる。カルト問題に詳しい紀藤正樹弁護士らによる『カルト宗教 性的虐待と児童虐待はなぜ起きるのか』(紀藤正樹・山口貴士/アスコム)では、こうした子どもたちの問題は“人権侵害”“児童虐待”にさえ当たるとこう指摘している。

〈希望した教育さえ受けさせられずに育った児童は、のちに成人してカルトを自らの意思で脱会した際にも、社会復帰の厳しさに直面して精神的に苦しむ結果となり、自殺してしまった子供もいますし、病気治療も受けさせられずに、施設内で死亡した例も出ています〉
〈子供の場合、生まれて育った最初から、価値観として、カルトの人格を植えつけられるわけです。(中略)つまりカルト内の子供の状態を考えた場合、カルトの人格に染めることは、むしろ端的に「児童虐待」としたほうが説明がつくように思えます〉

 今回“出家”宣言をした清水もまた、こうした子どもたちと同じ、両親が信者という境遇にあった。もちろん、これらの宗教と幸福の科学には違う部分も多くあり、こうした問題がそのまま清水にあてはまるわけではない。

 しかし、幸福の科学の信仰「エル・カンターレ」とは、大川隆法総裁への個人崇拝そのものだ。同教団HPによると、エル・カンターレとは、地球の至高神であり、全人類の魂の親、そして地球のすべての神々を導く存在であり、現在の日本に大川総裁として生まれたという。

 こうした教義を幼少期から繰り返し教え込まれ、子どもの頃から熱心な信者だったという清水。しかも、前述したように彼女の父親は昨年、自己破産していたという。そんな彼女が大川から、「覚悟せよ」と迫られて、すべてを投げ打ってしまったとしても、そのことを誰も責めることはできないだろう。

 子どもは親を選ぶことができない。しかも、親も熱狂的な信者であれば、家族でも解決することはできない。こうした問題を社会で解決できるような仕組みを考えていく必要があるのではないか。
(編集部)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 厚切りジェイソンが日本のお笑い批判!
2 村上春樹が新作に込めたメッセージ
3 維新から出馬報道、シミケンは嘘つき?
4 創価学会信者・長井秀和がタブーに言及
5 国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
6 石原慎太郎を増長させたメディアの責任
7 国谷裕子がクロ現降板の舞台裏を告白!
8 読売・清水アナが維新から市長選出馬?
9 X JAPAN、TAIJIの死の謎
10 金正男暗殺映像にテレビ局が数百万円
11 安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
12 『めちゃイケ』にジャニーズの圧力
13 グッディ!土田マジギレ真の原因
14 X JAPAN TAIJI死の究明に前進
15 故・松田優作の在日差別への恐れ
16 国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
17 「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
18 安倍が「云々」を「でんでん」と読み恥
19 共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
20 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
PR
PR
1「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
2安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
3保育所で国旗と国歌強制する安倍のバカ
4国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
5共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
6安倍トランプ会談を絶賛ワイドショー
7安倍はトランプにFTAを要求されてた
8国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
9稲田の憲法蹂躙発言に国会前抗議デモ
10山崎まさよしの憲法9条の歌とは?
11厚切りジェイソンが日本のお笑い批判!
12安倍とトランプが反マスコミで意気投合
13南スーダン日報の隠蔽に稲田も加担
14室井佑月が山口二郎と語る野党の闘い方
15ゴルフめぐり安倍とトランプ嘘つき合戦
16米山新潟知事が語った共謀罪と原発
17安倍もうひとりの祖父の物語
18厚切りジェイソンが“日本スゴい”批判
19アパ代表「ユダヤ陰謀論」
20金正男暗殺映像にテレビ局が数百万円
PR
PR

人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」