井上公造にも反撃、ASKAのマスコミに怯まない姿勢は昔からだった! 講談社の記事に怒り自ら新聞に謹告文出稿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 しかし、そもそも、なぜASKAはたかだが見出しぐらいのことにここまで神経質になったのだろうか? 『インタビュー』のなかで彼はこのように綴っている。

〈音楽は、本人さえも気づかない大事なところ、自ら触れることのできないところへ作用する。作り手がどんなに一生懸命になって、聴き手の心の中に入り込もうとしても、聴き手が作り手を否定した場合は、もうなにも響かなくなる。
 聴き手は無意識に自らの大事なところへ招き入れないように音楽をブロックしてしまう。
 逆に強く受け入れた場合は、自分の選択に間違いはないと思い込みたいために、すべてを受け入れようとする。
 これがよく言う「魔法をかける」であろう。
 しかし、その魔法も、時代の流れや、その人の価値観にそぐわないものが見えてしまうと、一瞬にして解けてしまう。
 回復は本当に難しい〉

 現在のASKAの状況を考えると、なんとも意味深に聞こえる言葉ではないか。そういえば、ASKAはいま、逮捕騒動の顛末をまとめた告発本を執筆しており、そこでは、「なぜ尿検査にお茶を提出したのか」といった誰もが知りたがっている事柄に関しても明かしているという。

 ASKAにとっては、この本が、20年前、新聞に出した「謹告文」と同じ位置付けということになるのだろうか。

(新田 樹)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

井上公造にも反撃、ASKAのマスコミに怯まない姿勢は昔からだった! 講談社の記事に怒り自ら新聞に謹告文出稿のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ASKA井上公造新田 樹講談社の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生の金に安倍首相がさっそく便乗
2 綾瀬はるか「夢は世界平和」をバカにするな
3 ホテルに潜伏、佐川国税庁長官の卑怯
4 平昌では高梨沙羅が…五輪選手バッシングの異常!
5 FLASHが15年前に山口敬之の披露宴
6 裁量労働制データはミスじゃなく捏造!
7 小泉今日子がマスコミ報道に違和感表明
8 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
9 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
10 安倍首相が朝日新聞めぐる答弁で大嘘!
11 羽生結弦が日本会議に政治利用される
12 下町ボブスレー問題の背景にある「日本スゴイ」の虚妄
13 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
14 宇多田「東京は子育てしにくい」は事実
15 三浦瑠麗が戦前賛美、その御用学者体質
16 「組み体操」強制の教師が認識不足露呈
17 眞子内親王の婚約者バッシングの裏
18 イノッチが『あさイチ』舞台裏で激怒!
19 安倍政権が裁量労働制を最低賃金労働者に適用!
20 羽生結弦がマスコミとアンチに苦言
1綾瀬はるか「夢は世界平和」をバカにするな
2安倍政権が裁量労働制を最低賃金労働者に適用!
3降板表明『あさイチ』で有働とイノッチが
5安倍首相が朝日新聞めぐる答弁で大嘘!
6子供?安倍がFacebookで朝日攻撃
8FLASHが15年前に山口敬之の披露宴
9下町ボブスレー問題の背景にある「日本スゴイ」の虚妄
10財務省が森友記録300ページ!佐川は
11自衛隊ヘリ墜落を小野寺防衛相が「着陸」
12下町ボブスレー補助金に安倍が介入か
13「組み体操」強制の教師が認識不足露呈
14産経が菅官房長官発言を捏造
15裁量労働制データはミスじゃなく捏造!
16NHKの国会中継の恣意的編集が酷い
17平昌とは真逆、東京五輪の演出家がひどい
19 名護市長選で自民党の辺野古隠し指示文書
20 羽生の金に安倍首相がさっそく便乗

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

連載一覧へ!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」