ヘイトデマ垂れ流しで大問題のMX『ニュース女子』も…化粧品会社のDHCはなぜ極右ヘイト番組をつくるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
newsjoshi_170109.jpg
『ニュース女子』DHCシアターWebサイトより


 沖縄・高江のヘリパッド建設工事反対運動をめぐって、新年早々、地上波でヘイトデマが放送されたことが大きな問題となっている。1月2日にTOKYO MXで放送された『ニュース女子』だ。

 同番組では、「マスコミが報道しない真実」と題し、軍事ジャーナリストの井上和彦が高江取材を決行、という前振りでVTRがスタート。しかしその内容は酷いものだった。

 まず、取材VTRは冒頭から、井上がどの場所にいるのかの説明もないまま「いきなりデモ発見」と伝え、井上は「この辺の運動家の人たちが襲撃をしにくると言っているんです」などと言いながら近づくのだが、スタッフの「これ近づいたら危ない」という音を入れて画面は暗転。「このままだと危険と判断 ロケ中止」とデカデカとテロップを表示した。そして井上は取材交渉も行わず、「(反対派は)敵意を剥き出しにしてきて、かなり緊迫」と述べるのだ。

 これだけでも恣意的な編集と言わざるを得ないが、そもそもこの取材地は高江ではなく名護署前。取材時には名護署に高江での反対運動中に不当逮捕された山城博治氏らが拘留されており、その早期釈放を求める人々が集まっていたと思われるが、そうしたことを番組は一切伝えないのである。

 このように出だしから到底報道とは思えない状態なのだが、驚くのはこの後。井上は二見杉田トンネルの前で「このトンネルをくぐると高江」「このトンネルの手前で足止めをくってる」と言い出し、ナレーションは「反対派の暴力行為により地元の住民でさえ高江に近寄れない状況」と説明。結局、井上は高江には行けなかった、というのだ。ちなみに、すでにネット上では数多くの指摘を受けているが、二見杉田トンネルから高江のヘリパッド建設工事現場までは約40キロも離れているのだが……。

 その上、スタジオでのトークでは嘘のオンパレードだ。井上は言うに事欠いて、“暴力的な高江の反対運動の実態”をメディアは「美しき反対運動」としか取り上げないとし、「(高江に入れないのは)ほかのメディアもそうです」と断言。「(沖縄県民の)大多数の人はね(基地に)反対とは聞かないです」だの、「(警察が取り締まらないのは)トップがやっぱり翁長さんだって話を地元の人はされる」だのと誰でもわかるデマを並べ立てた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍が防大卒業式で軍人勅諭ばり訓示!
2 国税の税務調査を使った報道への圧力
3 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
4 松本人志が森友問題から逃げた!
5 「小林多喜二を政治利用するな」の炎上
6 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
7 橋下後援会長の息子と籠池と元在特会
8 松井知事が森友認可前に私学課に圧力?
9 春樹『騎士団長殺し』の南京虐殺記述に
10 昭恵夫人の口利きで8千万円の予算が
11 籠池独占取材した菅野完爆弾会見の中身
12 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
13 籠池インタビューから証人喚問を予測
14 安倍100万円振込票と長女の目撃証言
15 安倍が自衛隊を私兵扱い、皇軍化計画も
16 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
17 安倍応援団の情報操作に騙されるな!
18 “第二の森友学園”関係者を最高裁判事に
19 森友学園疑惑で古市憲寿と田崎史郎が
20 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
PR
PR
1籠池独占取材した菅野完爆弾会見の中身
2福島原発事故の主犯は安倍晋三だ!
3小籔千豊「教育勅語は悪くない」は無知
4福島飯舘村からの悲痛な叫びを報ステが
5安倍の南スーダンPKO撤収の姑息な裏
6安倍首相の3.11会見打ち切りの冷酷
7籠池理事長が「安倍首相から100万円」
8籠池理事長の豹変の裏に官邸からの圧力
9籠池理事長が稲田朋美との関係を証言
10安倍100万円振込票と長女の目撃証言
11甲状腺がん「原発と関係ない」に反論!
12教育勅語復活論者の現代語訳はニセ物だ
13迫田、松井、昭恵も証人喚問せよ
14籠池理事長が反撃動画で安倍、稲田に
15安倍応援団の情報操作に騙されるな!
16“第二の森友”安倍と加計学園の新疑惑
17“第二の森友学園”関係者を最高裁判事に
18安倍が防大卒業式で軍人勅諭ばり訓示!
19森友で橋下と松井が国の圧力暴露も…
20昭恵夫人の口利きで8千万円の予算が
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」