HIRO退任のLDHが新企業ロゴ発表も「東京メトロの路線表示そっくり」と炎上! レコ大買収騒動でHIROも迷走

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「正直、僕の取り組むことは今までと何も変わらないです。経営上の問題や不満があったから社長を退くわけではないですし、むしろ社長という肩書があったことで、今までのLDHの状況では自分のモチベーションが上がっていた部分は間違いなくありました。じゃあ、なぜ今退くのかといえば、社長という肩書が、今のLDHで自分がやるべき事、盛り上げなければいけないエンタテインメントに対して、邪魔になってしまう場面ができ、自分の可能性や、やりたいことに対して、制限がかかるようになってきたからです。ここ数年で会社の規模も大きくなり、LDHとしても新しい未来に向かっていこうというなかで、自分のすべてをLDHのクリエイティブに注いでいける体制にしたかったのと後継者を育てたかったので、クリエイティブに専念することに決めました。自分はもともとパフォーマーとして表現してきた人間ですし、エンタテインメントの創造に力を発揮するタイプだと思っているので、これからはもっとフットワーク軽く、いろいろな現場に行ったり、おもしろそうな人に会いに行ったりしたいです。やることも、やれることも変わらないのですが、確実にクリエイティブに使える時間は増えます。肩書が変わるだけでこんなに気持ちが違うのかという感じです。個人的にはそれがいちばん大きい変化かもしれません」

 企業トップの人事異動という大事な事柄にも関わらずこんなにもボヤっとしている理由、それはHIROが社長を退任することになったきっかけを思い出せばすぐに理解できる。

「週刊文春」(文藝春秋)16年11月3日号が報じたレコード大賞買収疑惑は記憶に新しい。芸能界のドン・周防郁雄社長が率いるバーニングプロダクションが、三代目 J Soul Brothersにレコ大をとらせた見返りとして、LDHに1億円を請求していたとすっぱ抜かれたわけだが、その記事の冒頭には、HIROの社長退任が発表された日(10月23日)の2日前に「週刊文春」側からこの問題についてLDHに質問を送っていたと記されていた。

 さらに翌週の「週刊文春」16年11月10日号では、周防社長が「週刊文春」報道に激怒したと報じられ、エイベックスとLDHに情報源を探すよう厳命していたり、雑誌の早刷りが出た段階で各メディアに後追いしないよう呼びかけていたと記されていた。当然、LDHはこれまでレコ大騒動に関して何の声明も出していないが、状況からHIROの社長退任はこの問題の責任を取るかたちのものであったのは明白だ。

「その通り、HIROさんの社長退任はレコ大騒動を受けてのものです。でも、退任の理由としてそのことを認めるわけにはいかない。そこで出てきたのが『新体制移行』というアイデアでした。今回の発表では同時に、『LDH USA』の他にも、欧州を網羅する『LDH EUROPE』と、アジア全域を視野に入れる『LDH ASIA』を立ち上げることや、飲食店事業を『LDH kitchen』、ファッション事業を『LDH apparel』、ダンススクール事業を『LDH expg』と名付けてブランディングし、メンバーも密に関わっていくと発表されています。こっそり社長を変えるだけでは格好がつかないということから大規模な改革をぶちあげたのでしょうが、ファンはもう何が何やらといった感じです」(芸能関係者)

 年始に発表された情報によれば、三代目J Soul Brothersは全国ドームツアー、GENERATIONSは全国アリーナツアーと海外ツアーに加えアルバムも発売予定、EXILE THE SECONDもアルバムをリリース予定、また、夏と秋には昨年カルト映画化した『HiGH&LOW THE MOVIE』の2と3を連続で公開、さらに、飲食事業やスクール事業でもロサンゼルスや上海などへの海外展開が予定されているという。企業ロゴですら炎上するこのゴタゴタのなかで、果たして予定されている膨大なプロジェクトを完遂させることなどできるのだろうか? 当サイトは今後もLDHを生暖かい目で見守っていきたい。
(新田 樹)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

HIRO退任のLDHが新企業ロゴ発表も「東京メトロの路線表示そっくり」と炎上! レコ大買収騒動でHIROも迷走のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
2 東京五輪買収は決定的と海外で報道
3 Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
4 不倫女性が告白する本音と日常とは?
5 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
6 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
7 安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
8 坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
9 フジ社長とんねるず打ち切りは本気?
10 東山紀之がキャスター就任で反差別表明
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 市川沙耶と熱愛・野島アナに二股の過去
13 水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
14 安室奈美恵事務所社長と暴力団
15 西村京太郎「日本に現代戦は無理」
16 グッディ!土田マジギレ真の原因
17 宇野常寛が『スッキリ』クビの裏側暴露
18 元タカラジェンヌが告白した性的虐待
19 あさイチ紹介、高橋一生の本棚に驚愕
20 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
1坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
2東山紀之がキャスター就任で反差別表明
3水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
4安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
5官製映画会社が22億円の公金をドブに
6卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
7 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
8Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
9青山繁晴「今週、戦争が始まる」と錯乱
10財務省と森友、口裏合わせの新証拠音源
11 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
12歴史教科書圧力問題の背後に日本会議
13トランプが安倍に武器を押し売り
14西村京太郎「日本に現代戦は無理」
15安倍の親書を秘書官が勝手に書き換え
16NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
17原発攻撃対策ないまま柏崎刈羽も再稼働へ
18沖縄に大量の核兵器が配備されていた
19田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
20東京五輪買収は決定的と海外で報道

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」