HIRO退任のLDHが新企業ロゴ発表も「東京メトロの路線表示そっくり」と炎上! レコ大買収騒動でHIROも迷走

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「正直、僕の取り組むことは今までと何も変わらないです。経営上の問題や不満があったから社長を退くわけではないですし、むしろ社長という肩書があったことで、今までのLDHの状況では自分のモチベーションが上がっていた部分は間違いなくありました。じゃあ、なぜ今退くのかといえば、社長という肩書が、今のLDHで自分がやるべき事、盛り上げなければいけないエンタテインメントに対して、邪魔になってしまう場面ができ、自分の可能性や、やりたいことに対して、制限がかかるようになってきたからです。ここ数年で会社の規模も大きくなり、LDHとしても新しい未来に向かっていこうというなかで、自分のすべてをLDHのクリエイティブに注いでいける体制にしたかったのと後継者を育てたかったので、クリエイティブに専念することに決めました。自分はもともとパフォーマーとして表現してきた人間ですし、エンタテインメントの創造に力を発揮するタイプだと思っているので、これからはもっとフットワーク軽く、いろいろな現場に行ったり、おもしろそうな人に会いに行ったりしたいです。やることも、やれることも変わらないのですが、確実にクリエイティブに使える時間は増えます。肩書が変わるだけでこんなに気持ちが違うのかという感じです。個人的にはそれがいちばん大きい変化かもしれません」

 企業トップの人事異動という大事な事柄にも関わらずこんなにもボヤっとしている理由、それはHIROが社長を退任することになったきっかけを思い出せばすぐに理解できる。

「週刊文春」(文藝春秋)16年11月3日号が報じたレコード大賞買収疑惑は記憶に新しい。芸能界のドン・周防郁雄社長が率いるバーニングプロダクションが、三代目 J Soul Brothersにレコ大をとらせた見返りとして、LDHに1億円を請求していたとすっぱ抜かれたわけだが、その記事の冒頭には、HIROの社長退任が発表された日(10月23日)の2日前に「週刊文春」側からこの問題についてLDHに質問を送っていたと記されていた。

 さらに翌週の「週刊文春」16年11月10日号では、周防社長が「週刊文春」報道に激怒したと報じられ、エイベックスとLDHに情報源を探すよう厳命していたり、雑誌の早刷りが出た段階で各メディアに後追いしないよう呼びかけていたと記されていた。当然、LDHはこれまでレコ大騒動に関して何の声明も出していないが、状況からHIROの社長退任はこの問題の責任を取るかたちのものであったのは明白だ。

「その通り、HIROさんの社長退任はレコ大騒動を受けてのものです。でも、退任の理由としてそのことを認めるわけにはいかない。そこで出てきたのが『新体制移行』というアイデアでした。今回の発表では同時に、『LDH USA』の他にも、欧州を網羅する『LDH EUROPE』と、アジア全域を視野に入れる『LDH ASIA』を立ち上げることや、飲食店事業を『LDH kitchen』、ファッション事業を『LDH apparel』、ダンススクール事業を『LDH expg』と名付けてブランディングし、メンバーも密に関わっていくと発表されています。こっそり社長を変えるだけでは格好がつかないということから大規模な改革をぶちあげたのでしょうが、ファンはもう何が何やらといった感じです」(芸能関係者)

 年始に発表された情報によれば、三代目J Soul Brothersは全国ドームツアー、GENERATIONSは全国アリーナツアーと海外ツアーに加えアルバムも発売予定、EXILE THE SECONDもアルバムをリリース予定、また、夏と秋には昨年カルト映画化した『HiGH&LOW THE MOVIE』の2と3を連続で公開、さらに、飲食事業やスクール事業でもロサンゼルスや上海などへの海外展開が予定されているという。企業ロゴですら炎上するこのゴタゴタのなかで、果たして予定されている膨大なプロジェクトを完遂させることなどできるのだろうか? 当サイトは今後もLDHを生暖かい目で見守っていきたい。
(新田 樹)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 稲田が自衛隊と米空母の訓練を秘密に
2 自衛隊とカールビンソン共同訓練の裏
3 講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
4 オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
5 星野源が大衆ウケするようになった理由
6 「週刊女性」が「共謀罪」を大特集
7 ガンバ大阪「ナチス旗」問題を取材検証
8 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
9 室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
10 安倍政権が関東大震災・朝鮮人虐殺を
11 エイベックス役員がグラドルに強姦未遂
12 中川俊直不倫醜聞は自民党の体質に原因
13 国谷裕子がクロ現降板の舞台裏を告白!
14 シリア攻撃を支持した安倍の支離滅裂!
15 秋篠宮家の料理番がブラック告発
16 マツコが“忘れられない男”と首都高で
17 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
18 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
19 星野源の“壮絶”闘病生活
20 グッディ!土田マジギレ真の原因
PR
PR
1玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
2自民が森友追及され逆ギレ強行採決
3オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
4室井佑月が山本太郎に迫る!(前編)
5「週刊女性」が「共謀罪」を大特集
6ペギー葉山が遺した安倍政権批判の言葉
7安倍が北朝鮮危機煽りつつ桜を見る会
8キノコや筍を採るだけで共謀罪
9講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
10森友国有地取引で財務省主導の証拠が
11加計学園総帥が「首相の後ろ盾ある」
12安倍政権が関東大震災・朝鮮人虐殺を
13「共謀罪」にアジカン後藤らが反対の声
14室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
15北朝鮮危機の最中に安倍はフィットネス
16 高畑勲が安倍を止められない苦悩を吐露
17有村治子議員がNHKに言いがかり
18三回忌を迎えた愛川欽也を偲ぶ!
19昭恵夫人のサミット機密漏洩に新証拠!
20安倍政権が自衛隊の対北武器使用指針
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」