大晦日4人SMAP慰労会をめぐる熾烈な情報戦の裏に何が? 独立めざす中居vsジャニーズの戦いは第二幕へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「どちらも海千山千の老獪な人物ですから、表立ってもめるようなことはありませんが、テーブルの上で握手しながら下では蹴り合っているという状態です。とくに周防社長の側が田辺の最近の勢いを快く思っていないようで、その意向を忖度してか、このところ、バーニング周辺からやたら田辺の悪口が聞こえて来ています。夏目三久と有吉弘行の結婚・妊娠を書いた日刊スポーツの記者もバーニングに近く、その周辺から情報が出ているんじゃないかといわれている」(大手芸能プロ関係者)

 とくに、バーニングは、田辺がSMAPまでおさえて、更に勢力を拡大することをかなり嫌がっているのだという。

「昨年1月はじめに、新潮がSMAP独立をスクープしたのも、独立・移籍話を潰すためにバーニングが流したといわれています。実際、あのスクープ前後に、「週刊新潮」編集長とバーニングの幹部がゴルフをしていたという情報もあった。今回も同じ構図で、田辺をバックにした中居らの独立話の再燃をキャッチしたバーニングが、情報をリークして揺さぶろうとしている可能性は十分あるでしょう」(前出・大手芸能プロ関係者)

「女性セブン」のほうはジャニーズ発とみて間違いないが、「週刊新潮」のほうはバーニングルートということなのだろうか。

 いずれの見方が正しいかはまだはっきりしないが、元旦早々から激しい情報戦が繰り広げられていることだけはたしかだ。1年に及んだSMAP報道も解散の日を迎え一段落するかと思いきや、独立・新事務所を巡ってまだまだ波乱含み。第2ラウンドの幕は開いたばかりのようだ。
(時田章広)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

大晦日4人SMAP慰労会をめぐる熾烈な情報戦の裏に何が? 独立めざす中居vsジャニーズの戦いは第二幕へのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPバーニング時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
2 博士、町山が安倍と見城の癒着批判
3 安倍が神戸製鋼社員時代に不正に関与?
4 自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
5 沖縄問題を扱ったマンガ作品が話題に
6 長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
7 山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
8 安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
9 加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
10 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
11 水道橋博士が安倍首相批判で大炎上!
12 見城徹の安倍ヨイショが醜悪すぎる
13 自民党がネトサポに他党叩きを指南
14 原発事故前に安倍が地震対策拒否
15 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
16 小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
17 ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 安倍の地元で反安保講演に聴衆が殺到
20 安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
1山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
2安倍、森友加計問題の説明する気なし
3マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
4原発ゼロは嘘!小池百合子が再稼働容認
5安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
6高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
7田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
8見苦しい!安倍首相が無告知ゲリラ街宣
9安倍首相が街頭演説からトンズラ
10 自民党がネトサポに他党叩きを指南
11山本太郎「リベラルをひとりも減らすな」
12加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
13安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
14原発事故の主犯は安倍、裁判所の判断も
15自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
16小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
17長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
18ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
19昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も
20大手メディア衆院選情勢調査の結果は

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」