SMAP解散で『校閲ガール』原作者がジャニーズと文春を批判!「文春がメリー副社長をもっと追及していたら…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 SMAP独立の動きについても、「文春」はスクープした「週刊新潮」(新潮社)よりも先にキャッチし、年末から中居正広らメンバーや飯島氏を尾行していたが、これもメリー副社長周辺からの情報だったといわれている。

 さらに、騒動が表面化すると、「文春」は誌面にメリー氏の腹心であるジャニーズ事務所顧問の小杉理宇造氏を登場させ、“SMAPは15年前に壊れていた”“飯島マネージャーがキムタクと静香の結婚に反対したがメリーが守って結婚させてくれた”など、その言い分を垂れ流した。

 宮木氏がいったように、もし「文春」があそこでメリー氏側になびかず、ジャニーズ事務所やメリー氏の体質を批判するキャンペーンを張っていたら、たしかに流れは変わっていたかもしれないのだ。しかし、それを「文春」誌上で口にするとは……。ジャニーズ愛恐るべし、という他はない。

 この後も、2人は飯島マネージャーの功績を讃えるなど、芸能マスコミとは全く違う角度からの鋭い分析を連発。林氏からは「私は飯島さんとは親交があって、この間も会ったけど、すごくお元気でしたよ」という発言まで飛び出した。

 そういう意味ではかなり興味深い対談だったが、しかし、一方で引っかかるのは、こうした本質をつく発言がジャニーズ愛のある2人の作家の口からしか聞けなかったという事実だ。しかも、こんなに面白い発言がいまだ、テレビでもスポーツ紙でも一切取り上げられていない。

 ここまでの騒動を引き起こし、当のファンからも激しい事務所批判が起きているのに、テレビをはじめとする芸能マスコミはこれからもジャニーズ・タブーを温存していくのだろうか。
(林グンマ)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

SMAP解散で『校閲ガール』原作者がジャニーズと文春を批判!「文春がメリー副社長をもっと追及していたら…」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズ林グンマ林真理子週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 室井佑月が立憲・辻元清美に注文連発
2 松本が安倍と会食で“田崎スシロー”化
3 ICAN無視の安倍政権に吉川晃司が
4 松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
5 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
6 富岡八幡宮殺傷事件犯人の日本会議活動
7 星野源が考える“新しい家族”とは
8 “国会王子”TBSの武田記者がDVで警察に
9 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
10 北九州一家殺害事件犯人の息子の証言
11 松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
13 百田尚樹が沖縄保育園事故を「捏造」と攻撃
14 ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
15 BPOが「ニュース女子」のデマ検証
16 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
17 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
18 結婚した女性を解雇するマタハラ会社
19 さんま「戦争に税金使うな」と国税に抗議
20 欅坂46平手友梨奈“異変”FNSでも?
1田崎とケントに自民党からカネが!
2さんま「戦争に税金使うな」と国税に抗議
3ICAN無視の安倍政権に吉川晃司が
4安倍が横田早紀江さんを無視している
5ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
6山口敬之氏のスポンサーが逮捕された!
7 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
8昭恵の無神経と籠池夫妻の勾留長期化
9北朝戦争に”NO”を言わない安倍政権
10ペジー社・齊藤容疑者が櫻井よしこと
11生活保護カットで他の低所得者も困窮
12富岡八幡宮殺傷事件犯人の日本会議活動
13松本が安倍と会食で“田崎スシロー”化
14ノーベル賞授賞式で被爆者出席も安倍政権が
15富岡八幡宮、祖父は日本会議前身の中心
16SF慰安婦像問題と日本の歴史修正主義
17百田尚樹が沖縄保育園事故を「捏造」と攻撃
18エルサレム問題で安倍がトランプのポチ
19 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
20大林宣彦「青春は戦争の消耗品ではない」

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

連載一覧へ!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」