>  >  > 2016年、サブカル論争&炎上7大事件簿

年末特別企画 リテラの2016年振り返り

フジロック、町山智浩、水道橋博士、BABYMETAL…2016年、サブカル論争&炎上7大事件簿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■事件その4
ピーター・バラカンがBABYMETALを「まがい物」「世も末」と発言し大炎上

 狂信的なファンをもつグループをちょっと批判しただけで炎上してしまう、SNS時代ならではなこの騒動。今年4月、『モーニングCROSS』(TOKYO MX)に出演したバラカンは、BABYMETALの海外での活躍を伝えるVTRの後、コメントを求められると苦笑いを浮かべながら「世も末だと思っています」と発言した。これに対し、BABYMETALのファンは激怒。彼のツイッターアカウントに怒りのリプライを送りつけると、バラカンはさらに〈あんなまがい物によって日本が評価されるなら本当に世も末だと思います〉と返してさらに炎上を煽るのだった。
 ただ、BABYMETALとはそもそも、アイドルグループ・さくら学院出身の中元すず香(SU-METAL)、菊地最愛(MOAMETAL)、水野由結(YUIMETAL)という3人の少女が本格的なメタルの音に乗って歌い踊る、その「ギャップ」が魅力の肝であるはずで、「まがい物」だからこそ日本のみならず海外でも大きな人気を獲得したグループである。なので、バラカンの「まがい物」という評価は別に間違ってはいない。それにも関わらず、そういった率直な感想すらも許されなくなっている閉塞感を感じずにはいられない騒動だった。


■事件その5
水道橋博士が安倍政権批判でネトウヨから攻撃を受け大炎上するも、最初から計算済み!

 政治的発言をした芸能人に対しネトウヨが束になって襲いかかる現象には今年も多くの人が被害に遭ったが、そのひとりが水道橋博士だ。
 水道橋博士は今年9月、インタビューで〈安倍政権がすすめているような、数こそ力で、リベラルを破壊していく政権運営ってめっちゃくちゃ怖いなあと思います〉と発言。これが発表されるやいなや、ネトウヨは当然のごとく博士のツイッターに襲いかかり、炎上させた。
 しかし、博士はこれに逃げずに逐一対応。ツイッターで〈『永遠のゼロ』を文庫で読んで感激され百田先生のTwitterまでフォローされる方は、読書家なので、同じ文庫で、三十四回講談社ノンフィクション賞受賞作『ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて』(安田浩一著)も読んでみてはいかがですか? 同じ講談社文庫です。〉などと挑発した。
 もともと、博士は炎上が織り込みだった気配がある。くだんのインタビューでも〈オレなんて安倍政権の強権的やり方を、お笑いとして、からかっているだけだけど、それに対して本気で怒るひとたちが現れていて、ネトウヨとかもそうですけど、もはや、そういう人は自分の他人を圧する熱狂すら客観的に見えてないのかって不思議でしょうがないです〉とも語っていたように、おそらく安易な感情を煽ってマスヒステリーをつくりだし、独裁政治を築こうとしている安倍の政治手法と、デマと悪罵の攻撃で政権批判を抑え込むネトウヨが連動している状況に相当な危機感を抱いているのだろう。だからこそ、あえて「上から目線」の「ネトウヨ批判」によって、彼らを挑発しようとしたのではないか。そういう意味では、十分にこの炎上は十分に目的を果たしたといえる。
 博士には、来年も炎上を恐れず、ネトウヨをどんどん挑発していってもらいたいものである。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
2 保護なめんなジャンパーは氷山の一角
3 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
4 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
5 M1準優勝・ハリガネロック解散の真相
6 佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
7 今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
8 安倍政権が“国策映画”計画へ
9 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
10 キムタク最大のタブーとは?
11 翼がSMAP解散でメリーと滝沢を批判
12 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
13 文春の元編集長の子どももフジに入社!
14 デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
15 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
16 たけしがキムタクとジャニーズを批判!
17 「トランプ大統領で日本はヤバい」は嘘
18 アリさん引越社はヘイト企業だった
19 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
20 SMAP最後の日に中居と木村が
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
3室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
4安倍の共謀罪法案強行の裏に危険な意図
5トランプのマスコミ排除は日本でも
7原発ムラが新潟県知事にネガキャン!
8デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
9安倍政権が“国策映画”計画へ
10SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
11今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
12メリルストリープの指摘は日本のことだ
13慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
14安倍政権が国民を騙す「偽装改憲計画」
15『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
16政権が原発被害隠しにDASH村利用
17アパホテルのトンデモ極右思想の正体
18佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
19安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
20橋下がトランプ擁護“メディアは打ち首”
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」