国分太一の「SMAP好きじゃなかった」告白は“感動話”なのか? 陰では本気でSMAPの悪口を…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 しかも、こんな感じでSMAPの負の部分ばかりを強調する一方、その功績についてはほとんど具体的に語らない。たとえば、SMAPがバラエティやドラマに進出したことで、アイドルの新たな可能性が拓かれ、国分の所属するTOKIOも多大な恩恵を受けたはずなのに、国分は「TOKIOもそうだったんですけど。それでSMAPはコントだったり、人を笑わせて歌を歌うとか、そういうようなことを自分たちで考えてスタートしたと思うんですよね」とまるで、自分たちとSMAPが同列であるかのように語るのだ。

 そして、「僕が今こうやって、こういう番組でしゃべれてるのも……」と、今度こそSMAPの功績を話し始めるのかと思いきや、「歌だけじゃないんだよって、先輩は語ってはくれなかったけれども、背中で教えてくれたような気がするんですよ」と、なぜかアドバイスを受けていないことを付け加える。

 さらには「うーん、なんだろな、このグループ、あんまり好きになれない」というセリフ。その話術でなんとなく“いい話”のように見せているが、実際はSMAPディスが目的だったのではないか、という気さえしてくるのだ。

 実際、今年1月にSMAP独立問題が発覚して以降、国分があちこちでSMAPの悪口を言いまくっているのは有名な話だ。国分が出演している番組のスタッフが、こんな毒舌を聞いたことを明かす。

「SMAPの独立報道の直後、国分さんと打ち合わせしていたら、『SMAPなんてそんなたいした存在じゃないよ。5人のうち4人がやらかしてる。今までテレビで大きな顔してたことがおかしい』とか言い出したんですよ。ようするに、稲垣と草なぎは逮捕されたことがあるし、キムタクはスピード違反でつかまってる。中居は女性を中絶させたスキャンダルがある、ということらしいんですが(笑)」

 なんとなく今回のコメントの元になっているように感じる発言だが、国分は陰口だけではなく、番組でも批判めいたことを言ったことがある。それは、今年5月、中居正広が熊本の被災地に乗り込んで、炊き出しを行ったときのことだ。『ビビット』でこの話題が取り上げられたのだが、国分は「現場、現地に行くだけがいいことなのかどうかは置いておいて、色んな貢献の仕方があるので、今後も続くと思いますので、どんな形でも参加したいと思います」と、中居らの行動の価値を貶めるようなコメントまで発したのだ。

 もっとも、国分のこうしたSMAPディスは国分自ら言ってたように、昔からSMAPを敵視していて、「SMAPを認めたくなかった」とかそういうカッコいい話でもないようだ。国分はもともとSMAPメンバーと関係が悪いわけではなく、むしろ、TOKIOメンバーのなかでは一番、SMAPメンバーと交流があったのだという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

国分太一の「SMAP好きじゃなかった」告白は“感動話”なのか? 陰では本気でSMAPの悪口を…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPTOKIOジャニーズ時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
14 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
15 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃