『SMAP×SMAP』最終回、SMAP最後の日に捧ぐ

この寂しい最後こそSMAPの誠実さだ! 他の“ビジネス仲良しグループ”とは違った5人の本物の関係、そして…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

『SMAP×SMAP』という番組にとって最初にやってきた試練は、放送開始から約1カ月足らずで森且行が脱退したことだった。森が事務所を辞めてレーサーの道を選んだことがジャニーズに歓迎されなかったことは、脱退後、SMAPの歴史から森の存在が抹消されたように扱われたことからもよくわかる。しかし、事務所が森に対して冷たい態度に出ても、『SMAP×SMAP』で森自らが選曲したメドレーを歌い、送り出した。そのとき、最後に「BEST FRIEND」を歌い終わると、いつもならメンバーを仕切る中居が号泣しているためにすぐさま木村が場を回し中居をフォローしたシーンは、やはりSMAPは木村と中居というツートップがいてこそ成立し得たことを示していただろう。

 それは稲垣が道路交通法違反で、草なぎが全裸事件で、ともに謹慎処分となった後の復帰放送でも同じだ。緊張感を漂わせた中居に対して木村は明るく盛り上げるという引っ張り方で、『SMAP×SMAP』という番組はグループの危機を生放送の「ショー」として公開し、視聴者を巻き込むかたちで「危機を絆で乗り越えようとするSMAP」を肯定して見せてきた。2013年に放送された「SMAP5人旅」において、カラオケの「BEST FRIEND」に中居が涙したことがあれだけの大反響を呼んだのは、「危機を乗り越えてきたSMAP」を視聴者が目撃してきたことの結果でもある。

 しかし、解散危機報道が出たことでおこなった「公開生謝罪」は、そうではなかった。

 本サイトでは繰り返し伝えてきたが、育ての親である飯島マネージャーが退職に追い込まれたのは、娘可愛さにメリー副社長の目の敵にされたことが原因であり、すでに昨年1月の段階から「SMAPと一緒に出て行け」と宣告されていた。そうしたなかでSMAPが飯島氏とともに独立を画策したことは、不義理でも何でもない、当たり前の行動だった。そして、2015年に放送された『SMAP×SMAP』を見返しても、実際は大きな不安を抱えていたのだろうが、彼らには曇りはない。12月、木村が手のひらを返すまでは。

 木村の裏切りだけではない。あの生放送の公開謝罪で、別にSMAPは謝罪する必要なんてなかった。視聴者には「心配しないで」とだけ説明すればよかった。だが、悲痛な表情を浮かべて真意とは思えない謝罪を口にしなければならなくなったのは、既報の通り、メリー副社長からの要求だったからだ。──これまでSMAPは危機を乗り越えるために『SMAP×SMAP』で生放送を選んで視聴者に語りかけてきたが、そうした大事にしてきた舞台をメリー氏によって蹂躙されてしまった。あの瞬間に、『SMAP×SMAP』も、SMAPも、壊れてしまったのだ。

 そう考えれば、あの日以降、ギスギスした5人のまま番組が継続されたことは当然の話だった。信頼し合い、言いたいことを言い合ってきた関係は、もうそこにはなかったのだから。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

この寂しい最後こそSMAPの誠実さだ! 他の“ビジネス仲良しグループ”とは違った5人の本物の関係、そして…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAP大方 草の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 日大附属アメフト部出身のオードリー沈黙の理由
2 日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
3 幼稚園を突然クビに!理由なき解雇との戦い
4 「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
5 高プロ法案の強行採決を許すな!
6 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
7 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
8 石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
9 指原莉乃がセクハラをハニトラと
10 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
11 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
12 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
13 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
14 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
15 「不倫学」が教える防止策とは?
16 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
17 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
18 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
9のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
10安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
11日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12高プロ法案の強行採決を許すな!
13安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
14星田、村本、博士がデモ批判に反論
15山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
16石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
17弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
18「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
19日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
20『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?