『SMAP×SMAP』最終回、SMAP最後の日に捧ぐ

この寂しい最後こそSMAPの誠実さだ! 他の“ビジネス仲良しグループ”とは違った5人の本物の関係、そして…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

『SMAP×SMAP』という番組にとって最初にやってきた試練は、放送開始から約1カ月足らずで森且行が脱退したことだった。森が事務所を辞めてレーサーの道を選んだことがジャニーズに歓迎されなかったことは、脱退後、SMAPの歴史から森の存在が抹消されたように扱われたことからもよくわかる。しかし、事務所が森に対して冷たい態度に出ても、『SMAP×SMAP』で森自らが選曲したメドレーを歌い、送り出した。そのとき、最後に「BEST FRIEND」を歌い終わると、いつもならメンバーを仕切る中居が号泣しているためにすぐさま木村が場を回し中居をフォローしたシーンは、やはりSMAPは木村と中居というツートップがいてこそ成立し得たことを示していただろう。

 それは稲垣が道路交通法違反で、草なぎが全裸事件で、ともに謹慎処分となった後の復帰放送でも同じだ。緊張感を漂わせた中居に対して木村は明るく盛り上げるという引っ張り方で、『SMAP×SMAP』という番組はグループの危機を生放送の「ショー」として公開し、視聴者を巻き込むかたちで「危機を絆で乗り越えようとするSMAP」を肯定して見せてきた。2013年に放送された「SMAP5人旅」において、カラオケの「BEST FRIEND」に中居が涙したことがあれだけの大反響を呼んだのは、「危機を乗り越えてきたSMAP」を視聴者が目撃してきたことの結果でもある。

 しかし、解散危機報道が出たことでおこなった「公開生謝罪」は、そうではなかった。

 本サイトでは繰り返し伝えてきたが、育ての親である飯島マネージャーが退職に追い込まれたのは、娘可愛さにメリー副社長の目の敵にされたことが原因であり、すでに昨年1月の段階から「SMAPと一緒に出て行け」と宣告されていた。そうしたなかでSMAPが飯島氏とともに独立を画策したことは、不義理でも何でもない、当たり前の行動だった。そして、2015年に放送された『SMAP×SMAP』を見返しても、実際は大きな不安を抱えていたのだろうが、彼らには曇りはない。12月、木村が手のひらを返すまでは。

 木村の裏切りだけではない。あの生放送の公開謝罪で、別にSMAPは謝罪する必要なんてなかった。視聴者には「心配しないで」とだけ説明すればよかった。だが、悲痛な表情を浮かべて真意とは思えない謝罪を口にしなければならなくなったのは、既報の通り、メリー副社長からの要求だったからだ。──これまでSMAPは危機を乗り越えるために『SMAP×SMAP』で生放送を選んで視聴者に語りかけてきたが、そうした大事にしてきた舞台をメリー氏によって蹂躙されてしまった。あの瞬間に、『SMAP×SMAP』も、SMAPも、壊れてしまったのだ。

 そう考えれば、あの日以降、ギスギスした5人のまま番組が継続されたことは当然の話だった。信頼し合い、言いたいことを言い合ってきた関係は、もうそこにはなかったのだから。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍が朝日の加計学園報道をテロ認定!
2 松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
3 共謀罪成立で横浜事件の恐怖が再び
4 室井佑月が共産党に「ネトサポつくれ」
5 村上春樹が「歴史修正主義と闘う」宣言
6 木村拓哉帰国でJがトンデモ情報操作
7 室井佑月が共産小池晃と安倍答弁を分析
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 京大の入学式にまで…JASRACの強欲
10 佐野元春が共謀罪反対「治安維持法だ」
11 加計学園疑惑に決定打、安倍側近が圧力
12 共謀罪が衆院委員会で強行採決の暴挙
13 加計学園総帥が「首相の後ろ盾ある」
14 報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
15 秋篠宮家の料理番がブラック告発
16 『夫のちんぽ』著者が抱える恐怖とは
17 生前退位ヒアリングで「天皇はおかしい」
18 共謀罪強行採決を許すな!国会前デモ
19 中居がすべらない話でJのタブーに!
20 スノーデンが警鐘鳴らす日本の監視体制
PR
PR
1報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
2『あさイチ』が基地に苦しむ沖縄を特集!
3共謀罪が衆院委員会で強行採決の暴挙
4加計学園「総理の意向」文書は本物!
5佐野元春が共謀罪反対「治安維持法だ」
6加計学園疑惑に決定打、安倍側近が圧力
7松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
8 共謀罪に周防監督らも猛反対の声
9安倍の9条加憲は日本会議幹部の発案
10室井佑月が共産小池晃と安倍答弁を分析
11安倍が朝日の加計学園報道をテロ認定!
14ガンダム“生みの親”が安倍首相批判!
15室井佑月が共産党に「ネトサポつくれ」
16水木しげるが50年前に書いた文章が発掘
17安倍の改憲で高等教育無償化はまやかし
19安倍が改憲質疑で「読売を読め」
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」