『SMAP×SMAP』最終回、SMAP最後の日に捧ぐ

この寂しい最後こそSMAPの誠実さだ! 他の“ビジネス仲良しグループ”とは違った5人の本物の関係、そして…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 だが、重要なのは、彼らは「仲の良さ」を強要されて演じてきたわけでもない、ということだ。仲の良さは結果的に「SMAPらしさ」になったが、本人たちが意識してつくり出したものではない。事実、プライベートで5人がつるむことはないとメンバーは公言しており、その点は楽屋でもプライベートでも仲が良いことをアピールする嵐とは根本的に違う。

 しかも、SMAPの「仲の良さ」や「絆」のリソースは、「売れない時代から苦楽をともにしてきた」という“過去”にある。たとえば、中居と木村は他メンバーとは異なり互いに距離感をもって接していることが明らかだが、それはふたりが不仲だからなのではなく、高校の席も隣同士だったという同級生の照れ臭さや、ツートップであり年長者という役割を自覚するがゆえのものだろう。そうした密で信頼感を基盤にした関係性が、ふとした言動から垣間見える。それがSMAPの「仲の良さ」と評されるものの根本にあり、いま男性アイドルが求められているようなホモソーシャル的な馴れ合いとはまったく違うものなのだ。

 しかし、だからこそSMAPは──正しくは、SMAPであろうとした4人は──「仲が良い」というふり、演技ができなかった。

 現に、昨年8月に放送された「シャッフルBISTRO」のコーナーでは、香取が「木村くんが雑誌の表紙で着ていたコートを買った」と楽しげに話したり、ホスト役だった草なぎ剛のマイペースな進行ぶりに中居が茶々をはさんで盛り上げていたが、解散危機が表面化する直前、昨年の12月初旬に収録された同コーナーを見ると、中居や香取にいつもの元気はなく、木村に対してもよそよそしさが表れていた。

 こうした態度は、今年1月の「公開生謝罪」や8月の解散発表後も変わらなかった。それは過去2回も出演し、メンバーもリスペクトしていた世界的アーティストであるレディ・ガガや、あのタモリがゲストとして出演しても同じ。タモリのように恩義のある大物ゲストが出てきても、彼らはやはりギクシャクしたままだったのである。

 もし、「仲の良さ」を見せることがSMAPらしさ、SMAPとしてのビジネスだと捉えていたならば、4人も表面上は仲の良さを取り繕って演じたかもしれない。だが、『SMAP×SMAP』を通して、「関係」を演じるのではなく「そのまま」を見せてきた彼らは、それが「できなかった」のだ。

 もちろん、決定的な亀裂が入ったのは、今年1月の「公開生謝罪」にあるのは明白だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

この寂しい最後こそSMAPの誠実さだ! 他の“ビジネス仲良しグループ”とは違った5人の本物の関係、そして…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAP大方 草の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
14 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
15 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃