新海誠に「気持ち悪いです」と言い放って怒らせた!『君の名は。』プロデューサー川村元気の仕事術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 唾液というのは新海監督が言うほど一般的な趣味でもないと思うが、それはともかく、本を書くようになり変わった川村は監督のこのようなフェティシズムを削るどころか、むしろ物語に積極的に取り入れていく。

 しかし、かつて「悪魔」と呼ばれた側面も実は完全には消えていなかった。そして、それこそが『君の名は。』を成功に導いたともいえる。

『君の名は。』で新海監督を「一部でカルト的な人気を得る作家」というポジションから脱皮させた大きな要因として、特に『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』といった作品で表出する「ナルシシズムを多分に含んだ文化系男子の叙情」といった作風をある程度失くしたというのがある。

 これらの作品では、遠距離恋愛であったり年の差であったりといった諸要素で引き裂かれる恋を美しく描き、その悲劇に自己陶酔する男を情感込めて肯定的に描くため、強くシンパシーを抱く観客がいる一方で、「童貞の妄想をそのまま映像化する監督」とも揶揄されてきた。

 口噛み酒のような「フェティッシュ」は活かす一方で、川村はこういった要素を徹底的に排除しようとしていたようだ。しかも、その指摘の際は「これは無神経ですよ」、「気持ち悪いです」といった遠慮ない物言いだったのだというから驚きだ。新海監督はこのように語っている。

「下手をすると無神経な展開になりかねませんので、そう思わせないための「回路」をきちんと作る。その点、脚本会議で「これは無神経ですよ」とか「気持ち悪いです」とかダイレクトに伝えてもらったことで、だいぶ助かりましたね」(ウェブサイト「ダイヤモンド・オンライン」)

 しかし結果として、『君の名は。』は、新海監督のこれまでの主なファン層には含まれなかった若い女性にまで届く作品になったのだから、その指摘は正しかったということだろう。

 川村が脚本会議で指摘したのはそれだけではない。ストーリー展開のスピードやクライマックスのつくり方などについても提案を出し、結果としてそれは採用されているのだが、実はそのとき新海監督は密かに怒っていたという。彼はこのように振り返っている。

「会議には、たとえば川村元気という東宝のプロデューサーに入ってもらいましたが、彼は別に一行も書いてくれるわけじゃない。けど、たとえば「瀧が三葉になって目覚めるまでに20分もかかったら、ちょっと退屈しちゃうかもしれません」とか言うんです。あるいは、何カ所か設定したクライマックスのうち、「こことここの2カ所の間がちょっと離れすぎているから、ひとつにまとめたほうが泣けるんじゃないですか」みたいなことを言うわけですよ。(中略)「いや、ここに来るまでに相当、構成を考えたんだけど」みたいな(笑)。しかも、照れもあるのでしょうが、「ここで泣かせれば興収プラス5000万ですよ!」とか、冗談めかして言うわけです。それもカチンとくるんですけど(笑)」(「アニメージュ」16年10月号/徳間書店)

 そのように言いながらも、新海監督は「3年に一度、このチームであと1〜2本はこれより良い映画を作りたいと強く思いますね」(「日経エンタテインメント!」16年11月号)と語っている。次の新海監督作品でも、川村元気の見事なコントロールが見られるのか、それとも、いよいよ本当に新海監督を怒らせて決裂してしまうのか。生暖かい目で見つめていきたい。
(新田 樹)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

新海誠に「気持ち悪いです」と言い放って怒らせた!『君の名は。』プロデューサー川村元気の仕事術のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも