新海誠に「気持ち悪いです」と言い放って怒らせた!『君の名は。』プロデューサー川村元気の仕事術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 唾液というのは新海監督が言うほど一般的な趣味でもないと思うが、それはともかく、本を書くようになり変わった川村は監督のこのようなフェティシズムを削るどころか、むしろ物語に積極的に取り入れていく。

 しかし、かつて「悪魔」と呼ばれた側面も実は完全には消えていなかった。そして、それこそが『君の名は。』を成功に導いたともいえる。

『君の名は。』で新海監督を「一部でカルト的な人気を得る作家」というポジションから脱皮させた大きな要因として、特に『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』といった作品で表出する「ナルシシズムを多分に含んだ文化系男子の叙情」といった作風をある程度失くしたというのがある。

 これらの作品では、遠距離恋愛であったり年の差であったりといった諸要素で引き裂かれる恋を美しく描き、その悲劇に自己陶酔する男を情感込めて肯定的に描くため、強くシンパシーを抱く観客がいる一方で、「童貞の妄想をそのまま映像化する監督」とも揶揄されてきた。

 口噛み酒のような「フェティッシュ」は活かす一方で、川村はこういった要素を徹底的に排除しようとしていたようだ。しかも、その指摘の際は「これは無神経ですよ」、「気持ち悪いです」といった遠慮ない物言いだったのだというから驚きだ。新海監督はこのように語っている。

「下手をすると無神経な展開になりかねませんので、そう思わせないための「回路」をきちんと作る。その点、脚本会議で「これは無神経ですよ」とか「気持ち悪いです」とかダイレクトに伝えてもらったことで、だいぶ助かりましたね」(ウェブサイト「ダイヤモンド・オンライン」)

 しかし結果として、『君の名は。』は、新海監督のこれまでの主なファン層には含まれなかった若い女性にまで届く作品になったのだから、その指摘は正しかったということだろう。

 川村が脚本会議で指摘したのはそれだけではない。ストーリー展開のスピードやクライマックスのつくり方などについても提案を出し、結果としてそれは採用されているのだが、実はそのとき新海監督は密かに怒っていたという。彼はこのように振り返っている。

「会議には、たとえば川村元気という東宝のプロデューサーに入ってもらいましたが、彼は別に一行も書いてくれるわけじゃない。けど、たとえば「瀧が三葉になって目覚めるまでに20分もかかったら、ちょっと退屈しちゃうかもしれません」とか言うんです。あるいは、何カ所か設定したクライマックスのうち、「こことここの2カ所の間がちょっと離れすぎているから、ひとつにまとめたほうが泣けるんじゃないですか」みたいなことを言うわけですよ。(中略)「いや、ここに来るまでに相当、構成を考えたんだけど」みたいな(笑)。しかも、照れもあるのでしょうが、「ここで泣かせれば興収プラス5000万ですよ!」とか、冗談めかして言うわけです。それもカチンとくるんですけど(笑)」(「アニメージュ」16年10月号/徳間書店)

 そのように言いながらも、新海監督は「3年に一度、このチームであと1〜2本はこれより良い映画を作りたいと強く思いますね」(「日経エンタテインメント!」16年11月号)と語っている。次の新海監督作品でも、川村元気の見事なコントロールが見られるのか、それとも、いよいよ本当に新海監督を怒らせて決裂してしまうのか。生暖かい目で見つめていきたい。
(新田 樹)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

新海誠に「気持ち悪いです」と言い放って怒らせた!『君の名は。』プロデューサー川村元気の仕事術のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が企む“子なし世帯増税”の異常性
2 美智子皇后が事実婚パートナーに神対応
3 美智子皇后がトランプとの面会に難色
4 マツコがLGBT発言を封印した理由
5 レコ大責任者がバーニング周防社長を告発
6 安保法制密約で自衛隊将校が実名告発!
7 日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
8 安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
9 「不倫学」が教える防止策とは?
10 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
11 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
12 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
13 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
14 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
15 たけしが安倍を「軍国主義」と批判!
16 欅坂・平手が「今年はひどいことばかり」
17 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
18 内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
19 マツコが“忘れられない男”と首都高で
20 安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
1安倍政権が企む“子なし世帯増税”の異常性
2国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
3加計学園で設置審委員が内情暴露!
4日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
5義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
6萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
7安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
8安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
9欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
10 安保法制密約で自衛隊将校が実名告発!
11鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
12内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
13美智子皇后がトランプとの面会に難色
14安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
15マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
16 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
17「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
18日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
19JASRACが坂本龍一を騙しうち!
20『シン・ゴジラ』の3・11暗喩に園子温が

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」