ASKA報道で宮根誠司が“謝罪”するもポーズだけ! 釈放後も開き直ってASKAをクロ扱いするワイドショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 覚醒剤使用容疑で逮捕した以上、尿検査だけでなく、毛髪鑑定が行われたと考えるのは当然だ。しかも1〜3日間といわれる尿鑑定検出に比べ、90日前の使用でも検出されるといわれるのが毛髪鑑定だ。起訴できなかったというのは、つまり毛髪検査ではシロだったということではないのか。だが、警察は毛根鑑定について「すでに釈放されていて、プライバシーに関わることなので、回答は控える」などと、その有無さえ“隠蔽”したままだ。

 加えて1度目の逮捕の際、ともに逮捕された元愛人には2度の毛髪鑑定が行われており、今回のASKAの逮捕でそれが行われなかったと考えるほうが不自然だろう。

 しかしワイドショーは最大の謎である毛根鑑定にほぼ触れることはなかった。確かに20日の『ミヤネ屋』では毛髪鑑定に言及していたが、専門家の若槻龍児氏らに「(毛髪鑑定は)覚醒剤を常用しているか立証するもの」「尿検査で陽性が出たからやらない」と説明されるや、宮根は我が意を得たりと言わんばかりに「毛髪検査は必要ないということですね」と警察の正当性を代弁する始末だった。

 本サイトでは先日、今回のASKA逮捕は警視庁組織犯罪対策部5課による冤罪事件、誤認逮捕だと指摘した。ワイドショーにはそんな発想はまるでないらしい。陽性反応の真偽、毛根鑑定の有無、誤認逮捕、冤罪など一切を検証することなく、問題を“お茶の入れ替え”にすりかえ矮小化した。しかもあくまでASKAは覚醒剤を使用していたことを“前提”にして、だ。

 しかし何度でも言うが、ASKAは警察が立証を断念し、検察も嫌疑不十分と判断し不起訴処分で釈放、つまり“無罪”となっている。

 そもそも一般刑法犯及び特別法犯(道交違反を除く)すべての事件の起訴率はたったの32.8%。つまり逮捕された7割近くが起訴されてはいない(平成27年版犯罪白書より)。

 ワイドショーに限らず、日本のマスコミは“逮捕”された時点でそれを大きく報じるが、しかしその後不起訴になったとしてもほとんどの場合、それを報じることはない。さらに“推定無罪”という近代法の基本原則に照らしても、今回の報道は異常なものだ。

 もっとも、『ミヤネ屋』を筆頭に、安倍応援団だらけのいまのワイドショーに近代法の基本原則や人権意識を求めること自体がそもそも「八百屋で魚を求める」ようなものなのかもしれないが……。
(伊勢崎馨)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ASKA報道で宮根誠司が“謝罪”するもポーズだけ! 釈放後も開き直ってASKAをクロ扱いするワイドショーのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。伊勢崎馨の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
2 高プロ法案の強行採決を許すな!
3 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
4 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
5 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
6 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
7 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
8 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
9 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
10 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
11 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
12 日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
13 『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
14 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
15 安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
16 愛川欽也が「安倍に殺される」と
17 山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
18 パワハラ休職した社員にさらなるパワハラ
19 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
20 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5安倍の加計との面会否定が信じられない理由
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8NHK岩田、櫻井よしこが「良い独裁もある」
9安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
10麻生「改ざんは個人の問題」は鬼畜発言
11 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
12のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
13日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
14星田、村本、博士がデモ批判に反論
15山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
16安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19自衛隊関連組織が日本会議の改憲署名に協力
20柳瀬秘書官の参考人招致は嘘と詭弁だらけ