ASKA報道で宮根誠司が“謝罪”するもポーズだけ! 釈放後も開き直ってASKAをクロ扱いするワイドショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 しかも、呆れたのが、こうしたワイドショーが警察の捜査ミスと自分たちの責任逃れのために、例の“尿とお茶の入れ替え”問題ばかりを取り上げたことだ。

 たとえば、20日の『バイキング』(フジ)や『あさチャン!』(TBS)、『ミヤネ屋』などはこぞって科学捜査研究所出身の専門家などを登場させて、彼らに「お茶から覚醒剤反応は100%出ない」「陽性が出るということは尿としか思えない」などとコメントさせていたが、そもそもこんなわかりきったことを真剣な顔で検証する意味がわからない。

 一方、21日の『グッディ!』にいたっては、逆に、覚醒剤逮捕歴がある人物に“尿とお茶のすり替えは覚醒剤使用者がよくやる方法”などと解説させる始末だった。

 たしかに、逮捕後、ASKAは「あらかじめ用意しておいたお茶を尿の代わりに採尿カップに入れた」と供述し、ブログでも同様の記述をしていた。しかし、ASKAの言動を鵜呑みにできないことは、これまでさんざんASKAをいじり倒してきたワイドショーなら承知のはずだろう。

 それをわざわざ本気で検証したふりをしたのは、ようするに、「嘘をついているのは自分たちや警察でなくASKA」であると強調したかったからだろう。

 実際、“尿とお茶の入れ替え”問題垂れ流しの一方で、こうしたワイドショーは警察の捜査、失態に対する踏み込んだ検証をほとんどやらなかった。

 そもそもなぜ、最初の段階で微量しか採尿できなかったのか。尿をすべて使い切ってしまったのは本当なのか。採尿カップという物証をなぜ破棄したのか。本鑑定での陽性反応は事実なのか。なぜ再検査を行わなかったのか。しかしワイドショーでは「誤認逮捕ではない」という警察発表を鵜呑みにしているのか、こうした当然の疑問に一切触れていない。

 さらに物証についても同様だ。今回、警察はASKAの自宅を家宅捜査し、タブレット端末やパソコンなどダンボール2箱分の証拠を押収している。ところが覚醒剤の“ブツ”どころか、覚醒剤に関連する道具さえ見つかっていない。そのため、警察は自宅以外の、ASKAが滞在したとされる都内ホテルや頻繁に訪れていた福岡でも物証や入手ルート解明のために捜査するなどと報じられた。だが、それら捜査の有無やその結果について警察はなんら発表していないが、こうした疑問についてもワイドショーは一切触れなかった。

 検証すべきは山ほどあるのに、肝心なことはスルーし続ける。なかでも最大の謎は「毛髪検査」をめぐる姿勢だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ASKA報道で宮根誠司が“謝罪”するもポーズだけ! 釈放後も開き直ってASKAをクロ扱いするワイドショーのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。伊勢崎馨の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 麻生太郎が愛人の店に2360万円
13 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
14 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
20 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
16上念司もケントと同様、加計の客員教授
17セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
18羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした