ASKA報道で宮根誠司が“謝罪”するもポーズだけ! 釈放後も開き直ってASKAをクロ扱いするワイドショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 反省などさらさらないどころか、逆にASKAが“うまく逃げただけ”“嘘を付いている”といわんばかりの内容だった。これに対してはネットを中心に疑問の声が噴出。同日の『スッキリ!!』(日本テレビ)で司会の加藤浩次が「僕自身も起訴の方向になると思っていて(略)僕自身もしっかり考えないといけないなと思った」と反省コメントをしたこともあり、さらに宮根への批判が殺到、冒頭で紹介した謝罪になったと思われる。

 しかし、実はその謝罪発言の詳しい内容をチェックしてみると、それはとても「謝罪」とは呼べるシロモノではなかった。宮根はまず、こう切り出した。

「尿検査をした本人のものである。陽性が出た。これはもう、本人がほぼほぼ覚醒剤を使っていた所持していたって思うじゃないですか。それが絶対的証拠っていうことになりますよね」

 相変わらずの“そう発表されたんだから覚醒剤を使っていると思って当たり前”発言。そのうえで、報道の仕方を「ちょっと考えたい」と言いながら、こんな言葉を口にする。

「僕はちょっと反省しました。もし、本当に、もしもですよ、仮にASKAさんが無実ならば、謝らなくちゃならないことだし」

“もし”“かりに”無罪だったら──。宮根は何を言っているのか。ASKAは警察が立証を断念し、検察も嫌疑不十分と判断して不起訴処分で釈放となっている。つまり“無罪釈放”されたのだ。しかし宮根はそれをどうしても認めたくないらしい。最後にこんなコメントで締めくくったのだ。

「(本当に無実なのか)このあたりが我々、わからないことですが」
 
 ようするに、宮根はこの期に及んでも、自分たちの報道姿勢を本気で反省する気などまったくないのだ。

 だが、こうした態度をしていたのは宮根だけではない。逮捕前から逮捕まで、見世物のように実況中継し、ASKAが逮捕前に乗ったタクシーのドライブレコーダーを“公開”するなど、散々イジり回し笑い者にしてきた他ワイドショーも同様に、反省するどころか完全に開き直っていた。

 たとえば『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)では、安藤優子が「尿検査で陽性が出たのは警察側が発表した事実」とその責任を警察発表に押し付けるような発言をしているし、『とくダネ!』(同)では釈放後のASKAブログに対し小倉智昭が「読んでも何を言いたいのか伝わってこない」とASKAに説明責任があるかのような物言い。『ひるおび!』(TBS)でも恵俊彰が「驚きましたね〜」「一体どういうことなんでしょうか?」とまるで他人事のようにコメントしていた。

 彼らに共通しているのは「警察が発表したのだから事実だと思うのが普通でしょ」という論理だ。一体これまで警察発表したなかに幾多の冤罪があったのか知らないのか、と言いたくなる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ASKA報道で宮根誠司が“謝罪”するもポーズだけ! 釈放後も開き直ってASKAをクロ扱いするワイドショーのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。伊勢崎馨の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
2 高プロ法案の強行採決を許すな!
3 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
4 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
5 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
6 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
7 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
8 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
9 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
10 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
11 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
12 日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
13 『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
14 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
15 安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
16 愛川欽也が「安倍に殺される」と
17 山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
18 パワハラ休職した社員にさらなるパワハラ
19 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
20 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5安倍の加計との面会否定が信じられない理由
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8NHK岩田、櫻井よしこが「良い独裁もある」
9安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
10麻生「改ざんは個人の問題」は鬼畜発言
11 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
12のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
13日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
14星田、村本、博士がデモ批判に反論
15山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
16安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19自衛隊関連組織が日本会議の改憲署名に協力
20柳瀬秘書官の参考人招致は嘘と詭弁だらけ