NON STYLE井上の当て逃げ事件で芸能マスコミが大騒ぎ 小泉今日子の当て逃げ事件ではマスコミ無視、ドラマもCMも放送されたけど…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 ところが、この大物アイドルの当て逃げ事件へのマスコミの反応は異様だった。一応、一部スポーツ紙は事件を取り上げたが、それは「バイクにぶつけて倒した認識はなかった」という小泉の言い分や、小泉が新聞販売店を訪れて謝罪したことなどを中心にしたもの。かなり好意的な、そして腰が引けたように報じただけだったのだ。

 また、ワイドショーはもちろんのこと、週刊誌さえも小泉のこの事件にはほぼ沈黙も守った。それどころか、この一件を報じた「女性自身」(光文社)は「本当にバイクと接触したことは気づかなかったんです」という小泉の釈明インタビューを掲載、“故意ではない”という主張を後押ししたほどだ。

 警察も動いている事件だというのに、異様なマスコミの対応──。その理由は明白だろう。小泉と言えば、その所属事務所は“芸能界のドン”と呼ばれる周防郁雄社長率いるバーニングプロダクションであり、なかでも小泉は周防社長のいちばんのお気に入りだからだ。

「当時、バーニングはキョンキョンの当て逃げに相当ナーバスになっていたようです。とくに早朝の事故であること、さらに“女友だちの家で過ごした帰り”ということで、今回のノンスタ井上のケース同様、飲酒運転だったのではないかと疑われていました。そのためバーニングは“B担”と言われる御用記者や、スポーツ紙、テレビ局に“報じることはまかりならん”と強い通達を出したのです」(スポーツ紙関係者)

 その効果は絶大だった。なにしろ小泉はこの事件が発覚して以降も、芸能活動を自粛することなど一切なかったからだ。しかも、小泉に起訴猶予処分が下ったのは事故発生から約2カ月後の3月15日だったが、その5日前の同月10 日、倉本聰脚本のドラマ『優しい時間』(フジテレビ)の第9話に小泉はゲスト出演し、カットされることもなく普通に放送された。前述したように、ノンスタ井上は刑事処分が出るまでは活動自粛と謹慎を続けるというが、大きな違いだ。

 さらに、こうした事故でのイメージ悪化をもっとも嫌うはずのテレビCMも、何の影響も受けなかった。当時、小泉は1年の契約金が1億円と言われた大手化粧品会社・資生堂のCMに出ていたが、事故後も継続されたのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

NON STYLE井上の当て逃げ事件で芸能マスコミが大騒ぎ 小泉今日子の当て逃げ事件ではマスコミ無視、ドラマもCMも放送されたけど…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。小泉今日子林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
14 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
15 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃