アンジャッシュ渡部「食べログ4.0以上の店しか紹介していない」説を検証! すると『FNS歌謡祭』が安っぽくなった原因が…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 だが、そう言って渡部が同書で紹介している「食べログで見つけにくい店」8店は、食べログ非掲載店というわけではなく、いずれも点数がやや低い店だった。また、食べログ非掲載店は一軒もなく、2店が採点のない店。これら10店を除いた70店のうち、現在、食べログ4.0以上の店は7店もあった。最高点だったのは麻布十番の高級天ぷら店「たきや」で、食べログ評価は調査時で4.44だ。

 まあ、本の出版から1カ月ちょっと経っているので、その間に7店とも4.0以上に上がった可能性も無きにしも非ずだが、瑛茉ジャスミンが言う「4.0以上の店だけ」でもなく、渡部が反論した〈食べログ4.0以下の店しか載せてませんよ〉というわけでもなさそうだ。

 ただ、気になったのは、渡部いわく「食べログで見つけにくい店」と、採点なしの店を除いたおすすめの70店のうち、食べログ評価が4〜3.5点の店が50店にも上ったことだ(ちなみに、3.5〜3点の店は13店、3点以下はなし)。

 というのも、食べログ評価4.0以上の店というのは、〈全体のTOP500前後〉(食べログHPより)しかない。だいたい4.0以上ともなるとすでに知られた有名店が多く、「グルメガイドでいまさら紹介するのも」感も強い。一方、食べログ公式によると、〈概ね★3.50点以上、4.00点未満〉の店も〈全体のTOP約4%〉しかないらしい。

 対して、この渡部本で紹介された店の食べログ平均点は、計算したところ「3.6点」となった。食べログ評価3.6点──。この数字は、なるほど現在の「渡部っぽさ」が表れたものという気がする。

 4.0以上がもつ「いまさら感」と「高級店すぎることの嫌味っぽさ」は回避して、3.5以上の「みんながおいしいと言っている安心感」は確保する。他方、3.0点以下の店が一軒も紹介されていない点を考えても、「みんなが良くないと言っていても俺は好きだ!」というような渡部の強いこだわりは見えてこない。逆に言えば、「みんなが好きなものが好き」な人にとっては、渡部のグルメガイドはかなり使える本だろう。

 つまり、「食べログ3.6点」というのは、「無難な安全牌」の最たるものだ。ただ、「みんながいいって言ってる」という絶対的な安全さは、はっきり言って安易で、つまらない。この安易さが「3.6」という数字から滲み出ているように思えるのだ。

 そして、いま一度、渡部のグルメガイド本からテレビへと視線を戻そう。昔から年末を飾る華やかな番組だった『FNS歌謡祭』は、小川宏と吉永小百合にはじまり、吉村真理や楠田枝里子、黒木瞳、草なぎ剛と、お茶の間の「納得感」を担保する芸能人たちが進行を務めてきた。そう考えると、「毎晩、芸能人をアテンドしてはうまい飯を食ってて、あと佐々木希と付き合ってる人」でしかない渡部の司会は、どうしても軽さは否めない。それはすなわち、「食べログ3.6」的な軽さ。はたして、来年もまた『FNS歌謡祭3.6』となってしまうのだろうか……。
(大方 草)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

アンジャッシュ渡部「食べログ4.0以上の店しか紹介していない」説を検証! すると『FNS歌謡祭』が安っぽくなった原因が… のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。大方 草の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の「非正規を一掃」は真っ赤な嘘
2 西部邁が「総選挙で自殺を延期した」と
3 週刊文春の小室不倫報道は悪くない!
4 暴力、セクハラ…ブラックすぎるパチンコ店
5 宇野常寛が『スッキリ』クビの裏側暴露
6 平昌五輪出席問題で安倍が二枚舌!
7 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
8 古市憲寿が安倍との会食に失笑言い訳
9 山口敬之が補助金交付関与の新証言
10 公取委がタレント独立阻む契約を違法認定
11 安倍首相「沖縄は我慢して受け入れろ」
12 「不倫学」が教える防止策とは?
13 百田尚樹「朝日読者も日本の敵」発言のヤバさ
14 ほっしゃんの反差別にウーマン村本が
15 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
16 アンゴラ村長「顔や生まれ蔑む笑い」批判
17 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
18 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
19 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
20 社内メールの語尾に“ござる”で解雇!
1吉永小百合、声をあげることへの覚悟
2安倍首相「芸能人との会食」は改憲目的!?
3安倍首相「沖縄は我慢して受け入れろ」
4山口敬之が補助金交付関与の新証言
5安倍「杉原千畝は誇り」発言は帝国主義賛美
6河野太郎の「安倍の犬」化が止まらない!
7ほっしゃんの反差別にウーマン村本が
8西部邁が「総選挙で自殺を延期した」と
9「SAPIO」反日バッシングの異常
10日立原発支援政策は“お友だち優遇”
11安倍自民が名護市長選で卑劣な札束攻撃
12安倍の「非正規を一掃」は真っ赤な嘘
13公取委がタレント独立阻む契約を違法認定
14異常!安倍が慰安婦問題を理由に五輪欠席
15古市憲寿が安倍との会食に失笑言い訳
16小倉智明、坂上忍がセクハラ告発を抑圧
17百田尚樹「朝日読者も日本の敵」発言のヤバさ
18平昌五輪出席問題で安倍が二枚舌!
19松本人志が黒塗り問題で逃げと責任転嫁
20社内メールの語尾に“ござる”で解雇!

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

連載一覧へ!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」