NEWSが4人になったのは派閥争いのせい!? 元側近が「生殺与奪権はメリーさんが握っている」と暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

〈「山下にしてみれば、金額よりプライドの問題だったんですよね。事務所に不信感を持ってしまって、そんな本人の態度にメリーさんも激怒して“山下をクビにしろ”ってなっちゃって、もう大騒動です」
 メリー副社長も、山下の側も一歩も引かない。
「事務所を変わる」
「もうクビだ」
 という激しい対立に発展し、のっぴきならなくなってしまった。
 そこに手を差しのべたのが、ジャニー社長だ。
「ジャニーさんが“まあまあ”って。“山下はジャニーズ事務所と契約しなくていいよ。僕と契約しよう”って言って、やっと収まったんです。それで担当が、SMAPを手がけていた非主流派の飯島(三智)さんになったんです」〉

 こうして飯島派に派閥替えすることになった山下だが、“アーティストとしてソロでやりたい!”という彼にとって、この選択はよいものだったのだろう。飯島氏のアイデアの出し方やマネージメントの手法について、当時のスタッフは本書の中でこう語っている。

〈飯島さんは企画ライクというか、何がおもしろくて、何が欲しいか、何が売れるか、何がタレントを成長させるかをけっこうリベラルに話す人なんですよね。ちゃんとレジュメを作って“あなたどう思う?”って、ちゃんと意見を求める。レコード会社としては、なかなか有意義な打ち合わせなんです。売れてるタレントをさらにどう生まれ変わらせるかみたいな、前向きでクリエイティブな議論。けっこうおもしろいですよ〉

 さらに、飯島氏は本来ならレコード会社がやるべきタイアップも自ら取ってきて、移籍第1弾シングルとなる「愛、テキサス」は20万枚ほど売れた。飯島氏の手腕によって、山下のソロ活動は好調なスタートを切ったのだ。

 一方、山下と同時に脱退した錦戸は、メリー副社長に擦り寄ることで関ジャニ∞として成功していく。もともとジュニア時代からメリー副社長のお気に入りだったと言われる錦戸には、こんなエピソードがある。

 それは、01年に行われた舞台『PLAYZONE』でのこと。主演の少年隊やV6の井ノ原快彦、嵐の大野智など、先輩が大勢いるなかでろくに挨拶もできない錦戸に対し、メリー副社長の秘書をしていたこともある古株の女性役員がこんな一言を言い放ったという。

「あんた、なんで仕事もらえるかわかってるの? あんたは他の誰でもない、メリーさんのお気に入りなのよ」

 その一言で、周りにいた少年隊は「じゃ、しょうがない」といった顔をし、ほかのメンバーも「あ、なるほどね」と大納得したという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

NEWSが4人になったのは派閥争いのせい!? 元側近が「生殺与奪権はメリーさんが握っている」と暴露のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ島原らんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
10 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
14 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
15 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
16 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 財務次官セクハラが海外メディアでも
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも