井川遥「暴力住職の親族」報道でネトウヨが在日ヘイト攻撃! カミングアウトできないのは本人のせいじゃないのに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 2000年代の芸能界では一時、韓流ブームもあって、最初から在日コリアンであることを公表し本名で活躍する芸能人も増える傾向が見られた。しかし、本人がこうして自分の出自と向き合い、公表しようとしても、今回の「新潮」記事に反応したネトウヨのように、“在日差別”が大声でがなり立てられる現在の日本社会では、むしろこれまでよりもカミングアウトは難しくなっている。

 それは、路上でコリアンの虐殺まで扇動するヘイト団体や、ネトウヨなどが「反日タレント」とレッテル貼りをし、広告に起用した企業に対する不買運動やクレームなどを展開したことの影響が大きいのは言をまたない。さらには、安倍政権の閣僚など、政治家がヘイト団体と親密で懇ろな様子を隠そうともせず、さらに自民党もまたネトウヨを組織化して党略に利用し始めた。こうした民族差別は、安倍首相による歴史修正主義の動きと連動することで、ここ数年で何倍にも増幅されたと言える。

 前述の「ダ・ヴィンチ」01年8月号で、井川は『GO』についてこう述べていた。

「(本が)出てすぐ、マネージャーに勧められて読みました。おそらくこれは金城さんの自伝的要素も強いんでしょうね。在日朝鮮人でも、在日韓国人でもなく、『コリアン・ジャパニーズ』と新しい言い方をしていて。正直言って、もっと卑屈になっていっているのかなと想像していたんです。ところが読み始めると、そういうことをまったく意識させない。国籍で先入観を持ってほしくないんだ、っていう気持ちがすごくよく伝わってきました」

 国籍で先入観を持ってほしくない──。それは、井川の本心でもあるのだろう。だが、現状、ネトウヨたちは「先入観」どころかむき出しの憎悪をさらけだしている。出自を明かすことに恐怖を覚えるヘイトの嵐、あるいは明かしたくても明かせない芸能界の歪んだ論理。わたしたちは、あらためて日本社会がそうした危険な状況にあるという現実を、しかと見つめ直すべきではないか。
(小杉みすず)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍が朝日の加計学園報道をテロ認定!
2 松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
3 共謀罪成立で横浜事件の恐怖が再び
4 室井佑月が共産党に「ネトサポつくれ」
5 村上春樹が「歴史修正主義と闘う」宣言
6 木村拓哉帰国でJがトンデモ情報操作
7 室井佑月が共産小池晃と安倍答弁を分析
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 京大の入学式にまで…JASRACの強欲
10 佐野元春が共謀罪反対「治安維持法だ」
11 加計学園疑惑に決定打、安倍側近が圧力
12 共謀罪が衆院委員会で強行採決の暴挙
13 加計学園総帥が「首相の後ろ盾ある」
14 報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
15 秋篠宮家の料理番がブラック告発
16 『夫のちんぽ』著者が抱える恐怖とは
17 生前退位ヒアリングで「天皇はおかしい」
18 共謀罪強行採決を許すな!国会前デモ
19 中居がすべらない話でJのタブーに!
20 スノーデンが警鐘鳴らす日本の監視体制
PR
PR
1報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
2『あさイチ』が基地に苦しむ沖縄を特集!
3共謀罪が衆院委員会で強行採決の暴挙
4加計学園「総理の意向」文書は本物!
5佐野元春が共謀罪反対「治安維持法だ」
6加計学園疑惑に決定打、安倍側近が圧力
7松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
8 共謀罪に周防監督らも猛反対の声
9安倍の9条加憲は日本会議幹部の発案
10室井佑月が共産小池晃と安倍答弁を分析
11安倍が朝日の加計学園報道をテロ認定!
14ガンダム“生みの親”が安倍首相批判!
15室井佑月が共産党に「ネトサポつくれ」
16水木しげるが50年前に書いた文章が発掘
17安倍の改憲で高等教育無償化はまやかし
19安倍が改憲質疑で「読売を読め」
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」