>  >  > 井川遥の「出自」報道でネトウヨが

井川遥「暴力住職の親族」報道でネトウヨが在日ヘイト攻撃! カミングアウトできないのは本人のせいじゃないのに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
igawa_161209_top.jpg
井川遥Official Webより


 女優の井川遥が、ネット右翼からヘイト攻撃を受けている。数日前から、ツイッターなどで、こんな書き込みをされているのだ。

〈井川遥の本名は趙秀恵。これ、大スクープなのにテレビでは絶対報道しないwww 同胞が問題起こし過ぎで在日擁護もそろそろ限界じゃないですか?笑〉
〈私は井川遥が朝鮮人=趙秀恵だって知ってましたけどね(^^;; 大して可愛くもなく、格好良くもないのに、異常に推されてる連中は怪しい〉
〈井川みたいな下手くそ整形自称女優が使われるのはチョン枠 それだけで悪そのもの〉

 引用するのも躊躇われる下劣な民族・出自差別だが、このヘイト攻撃に火をつけたのは、どうも、先週発売の「週刊新潮」(新潮社)12月8月号に掲載された記事「ついに家宅捜索が行われた渦中の暴力住職は『井川遥』の叔父さまだった!」らしい。

 タイトルにある「暴力住職」とは、東京都檜原村の天光寺の高尾聖賢住職を指す。現在、高尾住職には、同寺で修行をしていた中学生らに日常的に暴行等を加えていた容疑がかかっており、先月26日には警視庁が天光寺に対し家宅捜索を行っていた。

「週刊新潮」の記事は、その高尾住職と井川が親戚であったと伝えるものだ。これによれば、井川は高尾住職の兄の娘、つまり叔父と姪の関係にあるという。だが、この記事にネトウヨたちが反応したのは、「新潮」がたんに井川とこの住職の関係を報じただけでなく、彼女らの“出自”までをも書き綴っていたからだ。記事では、高尾住職が以前入門していた別の寺の住職による、こんな証言が掲載されていた。

「当時、彼が提出した入門願いの書類を見ると、本名は趙となっており、本当かどうかはわからないけれど“韓国の旧王族の末裔”と説明していたな」

 そして、この記事が今月7日にウェブ版「デイリー新潮」にアップされると、ネット右翼がすぐさま反応。親族だとされる井川に対しても〈井川遥って朝鮮人だったの…? マジかよ、朝鮮人最低だな〉〈血族にこういうゴミクズが混ざってるというのが逃れられないチョンの血筋だよな〉などとヘイト攻撃を繰り出し、なかにはこんなことまで言いだすネトウヨもいた。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
2 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
3 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
4 あの産経が「南京虐殺40万人」と報道
5 片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
6 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
7 吹石一恵の音痴エピソード
8 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
9 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
10 園子温がシンゴジラと君の名は。を罵倒
11 SMAP最後の日に中居と木村が
12 グッディ!土田マジギレ真の原因
13 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
14 高橋尚子も?パチンコ依存症の悲惨
15 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
16 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
17 今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
18 キムタク最大のタブーとは?
19 トランプ以前から米は日本を守る気ない
20 保護なめんなジャンパーは氷山の一角
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
3トランプのマスコミ排除は日本でも
5アパホテルのトンデモ極右思想の正体
6デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
7安倍政権が“国策映画”計画へ
8DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
9今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
10SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
11メリルストリープの指摘は日本のことだ
12慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
13片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
14『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
15アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
16政権が原発被害隠しにDASH村利用
17佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
18保護なめんなジャンパーは氷山の一角
19宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
20安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」