中居正広と飯島元マネが新事務所設立、と「新潮」が報道! キスマイも合流し中居派20人参加の推測も前途は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 実際、「週刊新潮」は7月にも、SMAP独立の際に後ろ盾になるといわれていた田辺エージェンシー・田邊昭知社長と飯島元マネージャーが渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで密会していたという記事を掲載している。

 また、飯島マネージャーの活発な動きについては、「フライデー」(講談社)も報じている。やはり7月には、電通系の有力キャスティング会社と接触していたこと、そしてキスマイの玉森裕太と丸の内のホテルの中華料理店で密会していたというのだ。

 本サイトの情報源であるジャニーズ関係者にこの中居=飯島の独立の動きについて確認すると、「何をいまさら。だから独立の計画は消えてないとずっと言ってきたでしょう」と皮肉を口にしつつも、この動きの中心は飯島氏ではなく、あくまで中居だと解説してくれた。

「『新潮』も少し触れていましたが、お金も中居さんが出すと聞いている。中居さんは自分が独立したいというより、他のメンバーやキスマイの状況を見かねて、新しい事務所をつくるしかない、と考えたようです。飯島さんにも、中居さんのほうから協力を求めたと聞いている」

 そういえば、中居は解散発表後も一貫して、キスマイメンバーを自分の番組で推し続けており、これも独立を見据えてのことと考えられなくもない。また、「フライデー」が12月9日号で報じていたが、中居は最近、所有している不動産の一部を処分したという。これも独立の資金調達のため、という可能性はある。そして何より、4人が独立を考えていたとすれば、ジャニー喜多川社長の説得を振り払って解散を押し切ったのも、飯島氏が決めていたもの以外の新しい仕事をまったくはじめていないことも説明がつく。

 いずれにしても、中居たちの独立計画の信憑性はかなり高そうだ。しかし、一方で、その計画が本当に実現するかどうかとなると別問題で、かなり暗雲が漂ってくる。

「そもそも、こういうかたちで情報が漏れること自体、独立話が危ういところにある証拠ですよ。今年1月、『週刊新潮』が最初にSMAP独立の動きをスクープした際も、中居らに制裁を加えようとジャニーズ関係者が情報を流したとか、SMAPが田辺エージェンシーにいくことを面白く思わないバーニング関係者がリークしたとも言われました。今回も同じにおいがするんですよね。事前に情報を出して、潰してしまおうということじゃないか、と」(前出・週刊誌記者)

 事実、『週刊新潮』の記事は中居らの動きを強く批判し、「一般常識が通じないままに新事務所を作って、仕事がうまくいくのか甚だ疑問」という芸能プロ幹部の恫喝めいたセリフで締められている。中居には、こうした圧力を跳ね返し、今度こそ独立を勝ち取ってほしいものだが……。
(時田章広)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

中居正広と飯島元マネが新事務所設立、と「新潮」が報道! キスマイも合流し中居派20人参加の推測も前途はのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAP時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも