宮藤官九郎のオリンピック大河ドラマはナチスの「民族の祭典」になるのか、それとも五輪ナショナリズムを解体するのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 こうした出来事の描き方によっては、オリンピックを前にそれこそ安倍首相が大喜びしそうなナショナリズムを鼓舞するドラマになりかねないだろう。

 しかし、一方では、クドカンなら絶対にそうはならない、という見方もある。宮藤官九郎は、オリンピックを描いたからといって、「国家の威信をかけてオリンピックに向き合った男たち」というような浅薄でわかりやすい物語をつくる脚本家ではないからだ。

 たとえば、あの『あまちゃん』だって、アイドルを描いていたけれど、いわゆるアイドルドラマでなかった。主人公・天野アキは、日本の芸能界の中心たる東京ではアイドルとして成功しない(=東京で全国区で売れるというかたちの成功とは別のものを選ぶ)で物語は終わる。むしろ、昨今のアイドルブームに対する批評であり、アイドルを解体・脱構築して、既存のアイドルを乗り越えたオルタナティブなあり方を示していた。

 そして、『あまちゃん』は東日本大震災についても、定番の「絆」のような物語とはまったく別の、新しい描き方で、視聴者に勇気を与えた。

 そんなクドカンがオリンピックを題材にするのだから、むしろ、「オリンピック=ナショナリズム」という構造を解体してくれるのではないか、という期待もある。

 実際、今回の制作発表でNHKは「オリンピックをめぐるスポーツマンや関係者の奮闘ぶりなどが、東京の歴史とあわせて描かれる予定」とドラマを紹介していたが、当のクドカンは「戦争と政治と景気に振り回された人々の群像劇」と語っていた。

 クドカンは明らかに、戦争の時代を描くということに意識的だ。しかも、クドカンは今年7月に発売されたみうらじゅんとの対談本『みうらじゅんと宮藤官九郎の世界全体会議』(集英社)のなかでも、戦争をどうやって伝えるべきかを考えていることを明かし、こう語っていた。

「憲法を変えるとか、戦争できる国になるとかならないとか、ちょっと勘弁してほしいなって思います」
「僕が“戦争”っていう言葉を聞いたときに一番最初に思い浮かべるのって、やっぱり子供のことなんですよね」
「それにもし万が一、戦争が将来起こったときに、僕たちはもう老人になってるから戦場に行くことはないと思いますけど、子供たちの世代が戦わなきゃいけなくなる可能性があるわけじゃないですか」
「いずれ学校の授業で、日本が昔、戦争で負けたっていうのを知ることになるわけじゃないですか。にもかかわらず、今になって再び戦争をやりかねない状況に持っていこうとしてる大人がいるっていうその現実を、戦争を体験した世代がどんどん減っていくなかで、子供たちにどう伝えたらいいんだろうなって」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 政府が隠していた籠池手紙の中身が判明
2 視聴者の会がNEWS加藤シゲアキを攻撃
3 核禁止条約に不参加に! 渡辺謙が批判
4 山本太郎が安倍のインチキを暴いた!
5 松本人志、森友スルーの裏に大阪万博
6 安倍が木村草太嫌がり報ステ出演中止
7 官邸、山口敬之がネトウヨ妄想に丸乗り
8 ECDの妻が明かした夫のがん闘病
9 橋下徹が籠池証人喚問以来、完全沈黙
10 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
11 安倍応援団の情報操作に騙されるな!
12 マツコが“忘れられない男”と首都高で
13 山口敬之、“安倍太鼓持ち”の歴史
14 昭恵夫人が籠池妻に小川榮太郎を紹介
15 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
16 渡辺謙が核軍縮に反対の安倍政権を批判
17 2枚目のFAXを封殺、官邸の情報操作
18 安倍100万円振込票と長女の目撃証言
19 昭恵夫人付役人から籠池に予算化報告
20 松本人志が森友問題から逃げた!
PR
PR
12枚目のFAXを封殺、官邸の情報操作
2政府が隠していた籠池手紙の中身が判明
3 昭恵夫人付役人から籠池に予算化報告
4安倍が防大卒業式で軍人勅諭ばり訓示!
5籠池理事長が「安倍首相から100万円」
6安倍100万円振込票と長女の目撃証言
7橋下徹が籠池証人喚問以来、完全沈黙
8迫田、松井、昭恵も証人喚問せよ
9 核禁止条約に不参加に! 渡辺謙が批判
10“第二の森友学園”関係者を最高裁判事に
11安倍応援団の情報操作に騙されるな!
12籠池証人喚問で自民党議員の質問に唖然
13官邸、山口敬之がネトウヨ妄想に丸乗り
14昭恵夫人の口利きで8千万円の予算が
15田崎が“籠池が稲田にセクハラ”の噂を
16稲田夫が籠池と財務局との交渉に同席
17籠池の依頼で昭恵夫人が口利きか
18松井知事が森友認可前に私学課に圧力?
19国税の税務調査を使った報道への圧力
20橋下後援会長の息子と籠池と元在特会
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」