読売ジャイアンツの選手にまたもや暴力団との交際発覚! 坂本や長野まで…切っても切れないヤクザとの関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kyojin_151011.jpg
読売巨人軍公式サイトより


 ペナントレース真っ最中、現在、広島を追い2位につけている読売ジャイアンツにまたしてもスキャンダルが起きた。

 巨人にまつわるスキャンダルといえば、福田聡志、笠原将生、松本竜也、高木京介らが関わった一連の野球賭博問題は記憶に新しい。この問題については現在、その背後にいると思われる暴力団の関与について捜査が進んでいるが、決定的な証拠はなかなか掴めずにいる。また、巨人OBの清原和博も薬物事件で有罪判決も受けたばかりだ。

 そんななか、読売ジャイアンツの選手らに暴力団組長との交際疑惑が浮上している。

 そのスクープを掲載したのは、先日木曜日に発売された「週刊文春」(文藝春秋)2016年8月4日号。記事によれば、元巨人軍OBでプロ野球解説者の橋本清氏の仲介で暴力団組長(13年に上部組織から破門されおり、現在は元組長)とプロ野球選手が次々と接触。OBも含めると、その数は8球団で28名にもおよぶという。元組長のSNSには、福岡ソフトバンクホークスの内川聖一や千葉ロッテマリーンズの唐川侑己とのツーショット写真が投稿されているうえ、他にも多くの選手らとの交流の形跡があるというが、そのなかでも頭ひとつ抜けて多いのが、読売ジャイアンツの選手との交流であった。

 日本野球機構(NPB)によると、巨人の選手で元組長と関係をもった人の数はOB含めて8名。そのなかには、キャプテンの坂本勇人、選手会長の長野久義や内海哲也らがおり、彼らは元組長と何度か一緒に食事をしているという。これは言うまでもなく、暴力団関係者との交際を禁じている野球協約第180条の違反である。

 これを受け、NPB側はさらなる調査をしているとのことだが、その進捗は芳しいものではないらしい。記事ではNPB関係者のこんなコメントが掲載されていた。

「NPB側は順次、選手に事情を聞いていく方針ですが、中には正直に話していない選手もいる。本件に関与した選手や球団の数はさらに増えることが予想されます」

 野球ファンからは、「またもや巨人か……」と諦めも入り交じったため息が漏れているが、これまでの歴史を紐解けば、巨人と暴力団の「黒い交際」は今に始まったことではない。むしろ、読売ジャイアンツの歴史は、暴力団との関係の歴史とすら言い換えてもいいのかもしれない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

読売ジャイアンツの選手にまたもや暴力団との交際発覚! 坂本や長野まで…切っても切れないヤクザとの関係のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。井川健二暴力団野球の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 日大附属アメフト部出身のオードリー沈黙の理由
2 日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
3 幼稚園を突然クビに!理由なき解雇との戦い
4 「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
5 指原莉乃がセクハラをハニトラと
6 石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
7 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
8 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
9 高プロ法案の強行採決を許すな!
10 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
11 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
12 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
13 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
14 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
15 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
16 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
17 「不倫学」が教える防止策とは?
18 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
19 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
20 HIROレコ大買収隠しで上戸彩を利用
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
9のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
10安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
11日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12高プロ法案の強行採決を許すな!
13日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
14安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
15星田、村本、博士がデモ批判に反論
16山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
20『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?