>  >  > 坂本、長野ら巨人選手と暴力団の交際発覚

読売ジャイアンツの選手にまたもや暴力団との交際発覚! 坂本や長野まで…切っても切れないヤクザとの関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kyojin_151011.jpg
読売巨人軍公式サイトより


 ペナントレース真っ最中、現在、広島を追い2位につけている読売ジャイアンツにまたしてもスキャンダルが起きた。

 巨人にまつわるスキャンダルといえば、福田聡志、笠原将生、松本竜也、高木京介らが関わった一連の野球賭博問題は記憶に新しい。この問題については現在、その背後にいると思われる暴力団の関与について捜査が進んでいるが、決定的な証拠はなかなか掴めずにいる。また、巨人OBの清原和博も薬物事件で有罪判決も受けたばかりだ。

 そんななか、読売ジャイアンツの選手らに暴力団組長との交際疑惑が浮上している。

 そのスクープを掲載したのは、先日木曜日に発売された「週刊文春」(文藝春秋)2016年8月4日号。記事によれば、元巨人軍OBでプロ野球解説者の橋本清氏の仲介で暴力団組長(13年に上部組織から破門されおり、現在は元組長)とプロ野球選手が次々と接触。OBも含めると、その数は8球団で28名にもおよぶという。元組長のSNSには、福岡ソフトバンクホークスの内川聖一や千葉ロッテマリーンズの唐川侑己とのツーショット写真が投稿されているうえ、他にも多くの選手らとの交流の形跡があるというが、そのなかでも頭ひとつ抜けて多いのが、読売ジャイアンツの選手との交流であった。

 日本野球機構(NPB)によると、巨人の選手で元組長と関係をもった人の数はOB含めて8名。そのなかには、キャプテンの坂本勇人、選手会長の長野久義や内海哲也らがおり、彼らは元組長と何度か一緒に食事をしているという。これは言うまでもなく、暴力団関係者との交際を禁じている野球協約第180条の違反である。

 これを受け、NPB側はさらなる調査をしているとのことだが、その進捗は芳しいものではないらしい。記事ではNPB関係者のこんなコメントが掲載されていた。

「NPB側は順次、選手に事情を聞いていく方針ですが、中には正直に話していない選手もいる。本件に関与した選手や球団の数はさらに増えることが予想されます」

 野球ファンからは、「またもや巨人か……」と諦めも入り交じったため息が漏れているが、これまでの歴史を紐解けば、巨人と暴力団の「黒い交際」は今に始まったことではない。むしろ、読売ジャイアンツの歴史は、暴力団との関係の歴史とすら言い換えてもいいのかもしれない。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 ロンブー亮の芸能タブーツイートと松本
2 宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
3 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
4 あの産経が「南京虐殺40万人」と報道
5 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
8 松本人志の大手事務所タブー批判に違和
9 SMAP最後の日に中居と木村が
10 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
11 片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
12 キムタク最大のタブーとは?
13 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
14 たけしがキムタクとジャニーズを批判!
15 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
16 トランプ以前から米は日本を守る気ない
17 保護なめんなジャンパーは氷山の一角
18 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
19 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
20 グッディ!土田マジギレ真の原因
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
3トランプのマスコミ排除は日本でも
5アパホテルのトンデモ極右思想の正体
6安倍政権が“国策映画”計画へ
7DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
8今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
9SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
10メリルストリープの指摘は日本のことだ
11慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
12片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
13『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
14アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
15宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
16政権が原発被害隠しにDASH村利用
17佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
18保護なめんなジャンパーは氷山の一角
19安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
20是枝監督「映画が日本に利用されてる」
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」