嵐・松本潤と井上真央は結婚するのか? 井上の独立で話題再燃も「文春=する」「新潮=しない」と真っ二つに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
inouematsujun_160508.jpg
2人の恋の行く末は?(左・井上真央 Official Web Siteより)


 4月24日、女優の井上真央が10年以上所属した事務所「セブンス・アヴェニュー」からの独立が報じられた。子役からスタートし昨年にはNHK大河ドラマ『花燃ゆ』の主演にまで登り詰めた実力をもつ井上だが、しかし今回の独立で俄然注目されるのが“結婚”だ。

井上といえば、国民的アイドルグループ・嵐の松本潤と恋人関係にあるのは有名な話。交際は『花より男子』で共演して以降、10年くらいの付き合いで、小栗旬の自宅に2人であらわれたことを同席者に暴露されたり、2013年には「女性セブン」(小学館)が2人の決定的なツーショットを撮影するも、ジャニーズ事務所の圧力で潰されるというトラブルもあった。

 そして、2年前にとうとう「フライデー」(講談社)が焼肉デートをスクープ。それ以降は何度も“結婚”が取り沙汰されるようになっていた。

「昨年の大河ドラマ出演以降、井上は仕事を大幅にセーブしています。その上、今回の独立ですからね。今後は母親を社長にして個人事務所を設立し、芸能活動を続けるようですが、井上といえども独立することは芸能界のなかでも風当たりが強い。そこまでして独立を強行したのは、やはり松潤との結婚を見据えたものだとの見方が強い」(芸能レポーター)

 遂に井上と松潤の大物カップルが結婚か──。確かに芸能マスコミではこのような見方が強いのは確かだ。その代表が、快進撃を続ける「週刊文春」(文藝春秋)5月5・12日合併号に掲載された「井上真央『そろそろ嵐のコンサートに行きたい』松潤と結婚へ」という記事だ。

 同誌によれば、井上は現在、自宅で家族とのんびりと過ごし、家事に勤しんでいるというが、実は今年1月、井上の誕生日に婚約発表をする予定だったというのだ。だが、大河ドラマの大コケで来年1月に延期になったと記事は具体的に指摘している。

また、2人の交際についても、テレビ局関係者からの情報としてこんな具体的なエピソードを掲載している。

「最近とある酒場で、『嵐のコンサートには行かないの?』と彼女に訊いてみたんです。『うーん。そろそろ行きたいかな』って笑っていましたよ。まだ行ったことがないことにも驚いたけれど、観に行ってバレてもかまわないということは『順調なんだな』と思いましたね」 

 もしこれが本当だとしたら、来年1月、30歳を迎える井上にとっても節目の時に着々と婚約への道筋を整えているということになる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

花より男子DVD-BOX

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

嵐・松本潤と井上真央は結婚するのか? 井上の独立で話題再燃も「文春=する」「新潮=しない」と真っ二つにのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ林グンマ週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
14 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 原発広告に文化人や芸能人が
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
19 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
20 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画