>  >  > 娘婿まで追放、メリーの暴走老人ぶり

検証!SMAP騒動とジャニーズの女帝〈中編〉

娘婿を追放、ヒガシにも激怒! メリー喜多川氏“暴走老人”言行録! 被害者はSMAP、飯島だけではなかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 そして、もうひとつの変化は、メリー氏自身が直接、メディアに電話をかけてくるようになったことだった。

「何か気に障る記事があったり、逆に気に入った記事があると、昔からの馴染みの記者のところに突然、電話をかけてくるようです。ある週刊誌には、突然、菓子折りをもってやってきたこともあるようです」(前出・スポーツ紙J担記者)

 ようするに、感情が抑えきれなくなって、それがどういう影響を与えるかも考えずに、勝手に動いてしまうということらしい。そのきわめつきが「週刊文春」のインタビューだったということだろう。

「メリーさんはオフレコで、ともいわず、一気にまくしたてますからね。しかもすごいことをいう。我々スポーツ紙はジャニーズの意向を忖度して活字にはしませんが、文春はそのまま活字にしちゃったということでしょう。こうした暴走には、ジャニーズ事務所の幹部たちも本当に頭を抱えているようです。しかも、何が気に障るかわからず、いつ自分に刃が向いてくるかわからない。戦々恐々らしいですよ」(前出・スポーツ紙J担記者)

 それにしても、これまで強権と計算を見事に使い分けてジャニーズ事務所を仕切ってきたメリー氏は、いったいどうしてこういう暴走状態に陥ってしまったのか。もちろん、ひとつの原因としては、89歳という高齢の問題があるだろう。しかし、もうひとつ、大きな影を落としているのが、後継者である藤島ジュリー景子氏との関係だという。

 次回は、そのあたりをさらに掘り下げ、ジャニーズ事務所の今後についても触れてみたい。
(時田章広)

【検証!SMAP騒動とジャニーズの女帝→(前編)(中編)(後編)】

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
2 金正男暗殺映像にテレビ局が数百万円
3 木村拓哉帰国でJがトンデモ情報操作
4 ジャニーズでSMAPとキスマイいじめ!
5 安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
6 共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
7 『めちゃイケ』にジャニーズの圧力
8 安倍が「云々」を「でんでん」と読み恥
9 国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
10 「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
11 宮根が能年玲奈を「ルール違反」と攻撃
12 レプロと幸福の科学、どっちが“ブラック”?
13 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
14 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
15 創価学会信者・長井秀和がタブーに言及
16 グッディ!土田マジギレ真の原因
17 昭恵夫人が“愛国小学校”名誉校長に
18 アパ代表「ユダヤ陰謀論」
19 しのぶとさんまが戦争政策を真っ向批判
20 関東連合元幹部がIT長者の素顔を暴露
PR
PR
1「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
2安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
3保育所で国旗と国歌強制する安倍のバカ
4「おしどりマコ」の原発取材
5稲田が憲法違反隠すため嘘ついたと白状
6国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
7共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
8安倍トランプ会談を絶賛ワイドショー
9安倍はトランプにFTAを要求されてた
10稲田の憲法蹂躙発言に国会前抗議デモ
11山崎まさよしの憲法9条の歌とは?
12安倍とトランプが反マスコミで意気投合
13南スーダン日報の隠蔽に稲田も加担
14室井佑月が山口二郎と語る野党の闘い方
15ゴルフめぐり安倍とトランプ嘘つき合戦
16米山新潟知事が語った共謀罪と原発
17安倍もうひとりの祖父の物語
18アパ代表「ユダヤ陰謀論」
19厚切りジェイソンが“日本スゴい”批判
20国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
PR
PR

人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」