>  >  > 神社が初詣客を狙い改憲の署名集め!

全国各地の神社が初詣客を狙って改憲の署名集め! 日本会議・神社本庁が指令、戦前復活の目的を隠す卑劣な手口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
jinjahoncho_01_141018.jpg
神社本庁公式サイトより


 お正月といえば初詣。今年も神社へお参りして、一年の安寧や健康を祈った人も多いだろう。おみくじを引いたり、絵馬に願い事を書き込んだりした人もいるはずだ。最近は神社好きの女子、神社ガールなども登場して、若者人気も高まっている。だが、そんな善男善女で賑わう場所で、今、不穏な動きが表面化している。

 それは“憲法改正に賛同する署名活動”だ。これが、なんと神社の境内で行われているのである。しかも、怪しげな市民団体が勝手にやっているという話ではい。驚くことに、その主体は神社そのもので、参拝客をターゲットに署名を集める“政治運動”を展開していたのだ。

 まず、筆者が出かけたのは、東京港区の乃木神社。明治天皇崩御に際し殉死した乃木希典将軍を祀ったこの神社は、参拝客でごったがえしていたが、入り口に足を踏み入れると、たちまち、「誇りある日本をめざして」「憲法は私たちのもの」などと書かれた奇妙なのぼり旗が目に飛び込む。さらにその付近に設置されたテントでは、額縁に入った櫻井よしこ氏のポスターが鎮座! 「国民の手でつくろう美しい日本の憲法」「ただいま、1000万人賛同者を募集しています。ご協力下さい」なる文言とともに微笑む櫻井氏に、新年からめまいを覚えたが、そこにはA4の署名用紙と箱が置かれていた。

nogi_011.jpg
神社に設置された改憲署名ブースの例(東京都港区乃木神社の入り口)


 職員に聞いてみると、この署名活動は、何も乃木神社のみで行われているわけではないという。実際、乃木神社の近くにある赤坂氷川神社にも行ってみたのだが、やはり、門には櫻井氏のポスターが貼られ、本殿前の賽銭箱のすぐそばには例の署名用紙と箱が置いてあった。多くの参拝客はスルー状態であったが、それにしても、初詣のなごやかな雰囲気からすると完全に“異物”である。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
2 大手メディア参院選情勢調査の結果は
3 乙武別居で障碍者への偏見報道が
4 安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
5 フジロックに政治を持ち込むなというバカ
6 安倍のPR動画パロディを自民党が削除
7 安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
8 上原亜衣は? AV女優の引退後
9 安倍も政治資金の公私混同が次々判明
10 20代の半分が童貞?歴史上の偉人も
11 宇野常寛が舛添イジメ批判
12 報ステ党首討論で安倍が逆ギレ、詭弁
13 蒼井そらが「AV出演強要逮捕は冤罪」
14 党首討論で古市、橋本が安倍びいき司会
15 護憲派の天皇皇后が安倍政権に危機感
16 菊池桃子の抱く社会への憤り
17 松本人志が16億土地転がしを否定も…
18 安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
19 米研究者が沖縄レイプ事件は必然と指摘
20 キムタク最大のタブーとは?
PR
PR
1宇野常寛が舛添イジメ批判
2フジロックに政治を持ち込むなというバカ
3安倍も政治資金の公私混同が次々判明
4安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
5文春が東京五輪を!電通元専務に金
6報ステ党首討論で安倍が逆ギレ、詭弁
7議事録改ざん繰り返す安倍政権の危険性
8安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
9NHKディレクターが語る原発報道圧力
10党首討論で古市、橋本が安倍びいき司会
11安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
12舛添よりヒドい安倍の政治資金第二弾!
13百田尚樹は田母神を応援した責任をとれ
14安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
15大手メディア参院選情勢調査の結果は
16元北京総局長が「読売は日本の人民日報」
17安倍のPR動画パロディを自民党が削除
18日本会議の抱える“後ろめたさ”とは?
19日本企業のタックスヘイブンが激増!
20自民党の地方議員は差別主義者だらけ
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」