パリ同時多発テロで右派が大ハシャギ! 日本会議の田久保忠衛は早速、戦争扇動、曽野綾子は「戒厳令は大歓迎」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sonoayako_151125.jpg
曽野センセイも嘘だと言ってくれればいいのに……(『人は怖くて嘘をつく』曽野綾子/扶桑社)

 パリ同時多発テロで日本国内の右派が小躍りしている。

 たとえば、先日本サイトは、日本会議が主体となる1万人集会に安倍首相がビデオメッセージを寄せ、改憲への意気込み語ったことを伝えたが、パリ同時多発テロ発生後、その日本会議の会長・田久保忠衛の鼻息が荒い。

〈いつもながら、テレビの解説を目にしてうんざりした。中東専門家による、パリの惨劇は米仏などのIS空爆が原因との説明だ。テロには妥協の余地は全くない。9.11事件に見られたように北大西洋条約機構(NATO)は集団的自衛権の行使に踏み切り、米国を引きずり込まないと事態はさらに深刻になる。国際社会の総力による対決だ。それにつけても、戦後続いている日本の非力はますます鮮明になってきた。〉(産経新聞11月20日付「正論」より)

 ようするに、パリ同時多発テロをきっかけにして、集団的自衛権を絡めた有志連合による“対テロ戦争”を扇動。さらに「戦後続いている日本の非力」を強調し、右派の悲願である改憲と軍国化へ繋げようと躍起になっているのだ。

 他にも、中国・韓国へのヘイト本を多数執筆していることで知られる評論家の石平が、仏オランド大統領が憲法改正の方針を示したことを引き合いに出して、〈それに比べて、憲法の一条文を守ることだけを至上命令とする日本の一部政党と政治家はどれほど愚かで無責任なのか〉(18日、自身のツイッター)と国内の護憲派を批判するなど、当面、右派によるこの手の攻撃は続くだろう。

 もっとも、こうしたレベルの言説は容易に予想できたことでもあるし、実際に過去の記事でそう予言してきた。だがしかし、そんな本サイトですら「さすがにここまでとは……」と絶句せざるをえない保守派の重鎮がいた。そう、ご存知、曽野綾子大センセイである。

 このたび、曽野センセイが衝撃のトンデモ論をぶっ放したのは、産経新聞18日付紙面。今年2月にもアパルトヘイト肯定論を披露した連載コラムでのことだが、またぞろ得意の移民排斥か?と思いきや、そうではなく、むしろ今回はさらに斜め上をいく“アクロバット放言”だった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 2枚目のFAXを封殺、官邸の情報操作
2 昭恵夫人付役人から籠池に予算化報告
3 籠池証人喚問で自民党議員の質問に唖然
4 籠池の依頼で昭恵夫人が口利きか
5 国税の税務調査を使った報道への圧力
6 安倍が防大卒業式で軍人勅諭ばり訓示!
7 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
8 籠池インタビューから証人喚問を予測
9 安倍100万円振込票と長女の目撃証言
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 籠池独占取材した菅野完爆弾会見の中身
12 安倍応援団の情報操作に騙されるな!
13 松本人志が森友問題から逃げた!
14 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
15 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
16 「小林多喜二を政治利用するな」の炎上
17 昭恵夫人の口利きで8千万円の予算が
18 籠池理事長の豹変の裏に官邸からの圧力
19 松井知事が森友認可前に私学課に圧力?
20 日本会議が森友学園をネトウヨと排撃
PR
PR
1籠池独占取材した菅野完爆弾会見の中身
2福島原発事故の主犯は安倍晋三だ!
3小籔千豊「教育勅語は悪くない」は無知
4福島飯舘村からの悲痛な叫びを報ステが
5安倍の南スーダンPKO撤収の姑息な裏
6 昭恵夫人付役人から籠池に予算化報告
7安倍首相の3.11会見打ち切りの冷酷
8安倍が防大卒業式で軍人勅諭ばり訓示!
9籠池理事長が「安倍首相から100万円」
102枚目のFAXを封殺、官邸の情報操作
11籠池理事長の豹変の裏に官邸からの圧力
12籠池理事長が稲田朋美との関係を証言
13安倍100万円振込票と長女の目撃証言
14甲状腺がん「原発と関係ない」に反論!
15教育勅語復活論者の現代語訳はニセ物だ
16迫田、松井、昭恵も証人喚問せよ
17安倍応援団の情報操作に騙されるな!
18“第二の森友学園”関係者を最高裁判事に
19森友で橋下と松井が国の圧力暴露も…
20昭恵夫人の口利きで8千万円の予算が
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」