左巻き書店の「いまこそ左翼入門」②

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 ジーン・シャープが紹介する抵抗の方法はこれをもって終える。独裁体制を打倒した後の新しい社会のイメージは抽象的に過ぎて、これに基づいて自分たちの政府を運営するには無理がある。政権を打倒することと政権を運営することは異なった次元に属しているからだ。本書をマニュアルにした運動が独裁政権を退場させた後に、必ずしも安定した民主政権が生んだとは言えないことと無関係ではないだろう。

 あるいは、ジーン・シャープはCIAの手先だとか、そこまで言わずとも米国の価値観を他国に押しつけているとの批判もある。ジーン・シャープの活動にそのような要素が否定できないとしても、ここにマニュアル化された事項の多くは歴史的に形成されてきた民衆の不服従/抵抗の手法と言える。躊躇せず使えるものは使えばいい。

 あらゆる戦争は自衛の口実からはじまるとは、常に指摘されていることだ。どのような理由が提示されようと、国家のために死ぬ必要もないし、殺す必要もない。戦争を拒絶せよ。軍隊は一切いらない。軍事力がなくとも自由のために闘える。

 侵略者と闘うことができるのはもちろんだ。そして、憲法を蹂躙し、国民を戦場に引きずり出そうとする独裁政権とも闘える。

 わが左巻き書店には「暴力闘争」「暴力革命」の書物も本棚に多く用意してある。しかし今回はチェ・ゲバラ『ゲリラ戦争』(中公文庫)の次の言葉に従い、非暴力闘争マニュアル本を売りに出した。「政府が、不正があろうとなかろうと、なんらかの形の一般投票によって政権についている場合、または少なくとも表面上の合憲性を保持している場合には、ゲリラ活動には多大の困難が伴うだろう。非暴力闘争の可能性がまだあるからである」

 だが。次回はそろそろ「暴力」本を用意しないといけないようだな。その季節が到来は遠くないかもしれない。
(左巻き書店店主・赤井歪)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

独裁体制から民主主義へ―権力に対抗するための教科書 (ちくま学芸文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。マスメディア安倍晋三左巻き書店の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
2 安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
3 日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
4 稲垣、草なぎ、香取と日本財団の関係
5 鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
6 今年も紅白はジャニーズが私物化
7 国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
8 安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
9 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
10 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
11 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
12 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
13 SexyZoneメンバー“追放”はイジメ?
14 中居ジャニーズ残留とキスマイ
15 義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
16 『シン・ゴジラ』の3・11暗喩に園子温が
17 加計学園で設置審委員が内情暴露!
18 安室奈美恵ベスト盤にも奴隷契約の影が
19 「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1佐野元春がトランプ批判の楽曲を発表!
2加計が留学生募集!四国の獣医不足は?
3加計学園で設置審委員が内情暴露!
4国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
5トランプ来日の目的は武器売りつけ
6直撃!前川前次官が加計認可の動きを批判
7日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
8テレビが封印した安倍とトランプの映像
9義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
10萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
11欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
12安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
13鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
14マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
15沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
16山口敬之めぐり文春vs新潮がバトル
17内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
18「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
19トランプの精神障害を疑うのは当然だ! 
20JASRACが坂本龍一を騙しうち!

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」