マスコミが書けないAKBと「電通」の爛れたシークレット飲み会…未成年飲酒も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
bunshun_01_150401.jpg
AKBスクープを報じた「週刊文春」(文藝春秋)4月2日春の特大号(週刊文春デジタルより)

「週刊文春」(文藝春秋)4月2日号でAKB48の元役員によるメンバーたちの盗撮画像や映像が大量に存在したことが明らかになったが、同誌ではその翌週に盗撮画像の中に存在した衝撃的な写真を掲載した。それは、2011年に都内で行われた高橋みなみの20歳の誕生日パーティの写真だった。

 そこには、高橋がひげ面の男性に抱きつき、その勢いからかパンティがちょい見えしているものや、当時18歳で未成年だった峯岸みなみが飲酒して幼稚園児のコスプレで男性の膝に座っている姿など、運営側とタレントによる乱痴気騒ぎが収められていた。

 2013年にも選抜総選挙前日にAKBの古参メンバーと運営幹部らが六本木のメンズサパークラブで全裸男性たちのショーを楽しんだことが伝えられるなど、ハレンチで知られるAKB飲み会。しかし今回、「週刊文春」が掲載した記事の興味深い点は、パーティに出席した男性陣のメンツだ。参加者は、劇場総支配人の茅野しのぶ氏や、AKS関連会社社長でその名がNMB48のシングルタイトルにもなった北川謙二氏をはじめ、SNH48顧問、専属カメラマンなど10名だったというが、「文春」によると、この席には運営スタッフ以外に2名の男性がいた。それは大手広告代理店のAKS担当だというK氏とM氏の2人だ。

 K氏は、前述した高橋が抱きついている男性で、掲載された写真以外にも高橋とK氏が抱き合っている写真が複数あったという。「週刊文春」は彼らのプロフィールをこう紹介している。

「K氏は結成当時からAKBを担当する営業マン。秋元康さんの右腕で、秋元さんのSNSにも頻繁に登場します。青い外車で撮影現場に現れ、現場スタッフを一喝するような人で、外見も話し方も“ザ・業界人”。AKBのおかげで最近部長に出世しました。MはKの元部下で会社のHPにも紹介されるモテ男。現在コンテンツ業務を担当しています」

「週刊文春」は彼らが所属している会社名を明かさず、「大手広告代理店」としか書いていないが、この会社はもちろん、日本を代表する広告代理店・電通である。

 実際、確認したところ、K氏とM氏は両名とも、今も電通に在籍していた。K氏は今年1月1日付けで第18営業局営業部専任部長に“出世”しており、M氏は2014年に立ち上がったコンテンツ局に所属、AKBグループ出演のドラマ『マジすか学園3』(テレビ東京)でもアシスタントプロデューサーとして名を連ねている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

電通の正体―マスコミ最大のタブー

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

マスコミが書けないAKBと「電通」の爛れたシークレット飲み会…未成年飲酒も!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48タブー広告代理店時田章広電通の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
7 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
8 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
9 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
14 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
17 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
18 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
19 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画