村上春樹が原発推進派を徹底論破! 15万人の人生を踏みつける“効率”に何の意味がある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 さらに、原発再稼動肯定派が大義名分とする「効率」という言葉について、こう問いかける。

〈効率っていったい何でしょう? 15万の人々の人生を踏みつけ、ないがしろにするような効率に、どのような意味があるのでしょうか? それを「相対的な問題」として切り捨ててしまえるものでしょうか? というのが僕の意見です。〉

 実は、村上は以前にも海外で、この「効率」という観点について、反対意見を表明したことがあった。それは2011年6月9日、スペインのカタルーニャ国際賞授賞式で行われたスピーチでのこと。村上は東日本大震災と原発事故に触れてこう言った。

〈(福島原発の事故は)我々日本人が歴史上体験する、(広島・長崎の原爆投下に次ぐ)二度目の大きな核の被害です。しかし今回は誰かに爆弾を落とされたわけではありません。私たち日本人自身がそのお膳立てをし、自らの手で過ちを犯し、自らの国土を損ない、自らの生活を破壊しているのです。
 どうしてそんなことになったのでしょう?(略)答えは簡単です。「効率」です。efficiencyです。原子炉は効率が良い発電システムであると、電力会社は主張します。つまり利益が上がるシステムであるわけです。また日本政府は、とくにオイルショック以降、原油供給の安定性に疑問を抱き、原子力発電を国の政策として推し進めるようになりました。電力会社は膨大な金を宣伝費としてばらまき、メディアを買収し、原子力発電はどこまでも安全だという幻想を国民に植え付けてきました(略)。
 まず既成事実がつくられました。原子力発電に危惧を抱く人々に対しては「じゃああなたは電気が足りなくなってもいいんですね。夏場にエアコンが使えなくてもいいんですね」という脅しが向けられます。原発に疑問を呈する人々には、「非現実的な夢想家」というレッテルが貼られていきます。
 そのようにして私たちはここにいます。安全で効率的であったはずの原子炉は、今や地獄の蓋を開けたような惨状を呈しています。〉

 ここには、春樹文学のひとつの特徴と言われるもったいぶったレトリックや気の効いた比喩は皆無だ。当時、このスピーチは国内でも大きく報道されたが、「政治家らが曖昧な説明しかしないなか公人としての貴重な発言」と評価する者もいた一方、「海外でなく日本国内で言ってほしい」と物足りなさを感じた向きも多かったことは記憶に新しい。

 しかし、もともと、村上春樹といえば、社会や政治などの“巨大なシステム”と距離を置こうとする主人公を作品のなかで描いてきた作家だった。団塊の世代でありながら同世代の作家たちとは一線を画し、学生運動や政治からは一貫して距離をとっていた。デビューから1980年代までの彼の作品は、文芸評論家などから「デタッチメント(かかわろうとしない)」文学とも呼ばれていた。ご存知のとおり、村上が社会的出来事を作品のなかに反映させ始めたのは、1995年阪神淡路大震災、オウム地下鉄サリン事件などが相次いでからである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

アンダ-グラウンド

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

村上春樹が原発推進派を徹底論破! 15万人の人生を踏みつける“効率”に何の意味がある?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。原発文学村上春樹酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 加計理事長が大阪地震にぶつけて会見のゲス
2 安倍が森友加計追及を鈍らせるため震災を政治利用
3 サッカーW杯・テーマソングを徹底比較
4 大阪地震で差別デマ「スリーパーセルの仕業」
5 日朝交渉やる気なしの安倍が嘘の武勇伝でごまかし
6 新潟県知事の花角「原発再稼働は当然」
7 和田政宗も絶賛「HINOMARU」とW杯
8 加計「安倍首相と理事長の面談否定」は嘘
9 グッディ!土田マジギレ真の原因
10 森友学園が麻生財務相側近に口利き依頼
11 安倍と加計の嘘を証明する資料発見!
12 ラストアイドル近田春夫曲が反安倍と炎上
13 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
14 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
15 米朝会談でトランプ任せの安倍に蓮池透が怒り
16 蓮池透が南北会談めぐる安倍の姿勢を批判
17 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
18 安倍カジノ法案強行の背景にトランプ!
19 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
20 是枝監督へのネトウヨ攻撃に町山、想田、松尾が反論
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1新潟県知事の花角「原発再稼働は当然」
2安倍と加計の嘘を証明する資料発見!
3加計理事長が大阪地震にぶつけて会見のゲス
4安倍が森友加計追及を鈍らせるため震災を政治利用
5是枝監督へのネトウヨ攻撃に町山、想田、松尾が反論
6パックンが日本の芸人の権力迎合を分析
7 安倍「私や妻が関係してたら辞める」発言の裏側
8米朝会談でトランプ任せの安倍に蓮池透が怒り
9安倍カジノ法案強行の背景にトランプ!
10日朝交渉やる気なしの安倍が嘘の武勇伝でごまかし
11 拉致進展なしで安倍が必死のゴマカシ!
12ラストアイドル近田春夫曲が反安倍と炎上
13『ZERO』降板の村尾、安倍首相ブチギレ事件
14加藤勝信厚労相が高プロ調査をでっち上げ
15新潟知事選女性差別問題で花角候補直撃
16大阪地震で差別デマ「スリーパーセルの仕業」
17新潟県知事選で花角知事陣営がデマ攻撃
18新潟知事選選の女性蔑視演説めぐる姑息
19米朝会談開催地は朝鮮人慰安婦連行の地
20『ZERO』に安倍御用記者の青山和弘が
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄