米倉涼子の離婚報道は上戸彩の妊娠のせい? ビジネスのために離婚に追い込む事務所の手口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yonekuraueto_06_150413.jpg
離婚騒動の米倉涼子とご懐妊の上戸彩、背景にはオスカープロの思惑が…?


 4月12日、上戸彩が夫HIROとの第一子を妊娠したことを事務所が発表した。12年9月に結婚した2人だが、それから2年半、待望の赤ちゃんに恵まれHIROもまた喜びのコメントを発表するなど周囲はおめでたムード一色だ。

 しかし、そんななか、この上戸のおめでたが、ある大物女優の離婚騒動につながった、という見方がある。その大物女優とは、事務所の先輩でもある米倉涼子。米倉は昨年12月、リクルートから会社経営者に転じた2歳年下の男性Aと電撃結婚したばかりだが、それからわずか2カ月ほどたった今年2月、突如として夫婦の危機がマスコミを騒がせ始めた。それが上戸の妊娠に関係しているというのである。いったいどういうことか。

 まず、米倉離婚報道の流れをおさらいしてみよう。最初に米倉夫妻の不仲を報じたのは「女性自身」(光文社)3月10日号だった。それによれば夫のAは連日のように深夜まで飲み歩き、米倉が待つ自宅へ帰るのはいつも午前様で、40歳までに子どもを作りたいと切望する米倉と物理的に、そして精神的にすれ違っているというものだった。

 そして3月31日、今度は「スポーツニッポン」が米倉夫妻は既に別居状態で離婚の可能性も浮上していると一面トップで伝えたことで、他マスコミも一斉に米倉の離婚危機を報じていった。さらに4月7日発売の「女性自身」4月21日号では「米倉涼子『“子作り”よりカネ!』新婚夫選んだ別居生活」と題し、Aがリクルートから一大プロジェクトを受注したことで大阪に住まいを移し、米倉との子作りよりカネと仕事を優先して没頭していることを報道。

さらに4月9日発売の「週刊文春」(文藝春秋)4月16日号では、米倉が既に離婚を決意し本格的離婚協議が始まること、その原因が夫の洗脳とも思える拘束やモラハラ、そして時に首を締めるなどの暴力さえあったことなどを報じている。

 次々と明らかになる米倉の破局情報。だが、この陰には米倉、上戸の所属するオスカープロモーションの思惑、情報操作が存在したようだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

米倉涼子の離婚報道は上戸彩の妊娠のせい? ビジネスのために離婚に追い込む事務所の手口のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。オスカープロモーション上戸彩出産時田章広米倉涼子離婚の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
12 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画