振り込め詐欺、裏風俗、危険ドラッグ…暴力団が関与しない裏社会ビジネスの仕組みとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sokomadeyaruka_01_150316.jpg
『そこまでやるか!裏社会ビジネス 黒い欲望の掟』(さくら舎)

 普段生活している分にはあまり感じることのない“裏社会”の存在。日々アウトローたちが非合法なビジネスを展開していることは知っていても、それを体感することはそう滅多にあることではない。

 しかし、ここ最近は合法・非合法の境界線上にある“グレーゾーン”のビジネスが拡大。一般市民が知らず知らずのうちに裏社会と接点を持つことも少なくないという。

 その接点の最たるものが、いわゆる“振り込め詐欺”だ。犯罪ジャーナリスト・丸山佑介氏の著書『そこまでやるか!裏社会ビジネス 黒い欲望の掟』(さくら舎)では、以下のように解説されている。

「詐欺グループの大半は、完全に裏社会の人とは言いがたいところもあるのですが、彼らを使っている側は、ほぼ黒に近いグレーと言えるでしょう。準暴力団や半グレと呼ばれる人たちです」

 広域指定暴力団、つまりヤクザが黒だとしたら、準暴力団や半グレは黒に近いグレーとなる。準暴力団という呼び方は、「関東連合」に代表されるような暴走族OBグループを警察庁が規定するために生まれた言葉だ。関東連合のほかには、中国残留孤児の2世、3世が中心となって組織された「怒羅権」などが、代表的な準暴力団・半グレと呼ばれる組織である。

 そして、もうひとつ、表社会に侵食しているグレーゾーンな裏社会ビジネスの代表例が、セックス産業、つまり売春だ。

 組織的なビジネスとして売春を行う場合、複数の女性を管理し、その待機場所や行為を行うための部屋を用意する必要がある。その部屋の存在をもってして、管理売春と見なされ当局に逮捕されるわけだが、最近はそういったリスクを負わない売春ビジネスも増えているというのだ。

「性別・年齢問わずに誰もが簡単にアクセスできる出合い系のツールが充実していれば、専門の業者を介する必要すらなくなり、女性自らが客を取る個人売春や、女の子四、五人を動かして女衒の真似事をする『プチ管理売春』のような援デリ商法が盛んになってくるのも、無理からぬことです」(同書)

 体を売りたい人と買いたい人が簡単にマッチングできる出合い系ツールによって、グレーゾーンな売春が増加しているのだ。『そこまでやるか!~』によると、合法とされているセックス産業の市場規模は5兆円で、裏風俗産業の市場規模は500億円。そこまで大きな市場規模ではないため、ヤクザの参入も少なく、だからこそ警察もあまり興味を示さない。裏を返せば、裏社会や警察に気付かれることなく、ひっそりとプチ管理売春を行っている一般人がいるかもしれないということでもある。グレーゾーンがどんどん広がっていることを示す事例のひとつだといえそうだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

そこまでやるか! 裏社会ビジネス ―黒い欲望の掟

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

振り込め詐欺、裏風俗、危険ドラッグ…暴力団が関与しない裏社会ビジネスの仕組みとはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ドラッグ田中ヒロナ詐欺の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも