「14歳でAV女優を志した」さんまもハマったAV女優・紗倉まなが抱える闇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 ここ10年来、AVの垣根も低くなったと言われ、最近では事務所にAV女優志願者みずからの問い合わせも多いらしい。それにしても紗倉のAV女優への思いに、躊躇や迷いが一切ないことに驚かされる。紗倉のなかにあったのはひたすら憧れのAV女優という仕事に就きたいとの思いだった。

「自分のことを好きにもなれず、自信も持てなかった。だからこそ憧れだったAV女優という仕事をすることで自分自身と向き合い、殻を破りたかったのです」

 自分と向き合うためにAV女優になる。そのため面接で必ずきかれる撮影でのNG行為についても「なんでもやります!」、また親や周囲にバレるのを恐れてパブリシティ制限するAV女優も多い中、「パブリシティも全開」とやる気満々。しかもその意識は「私の中では『就職活動』と同等の感覚」だったという。そしてトントン拍子にデビューも決まりいよいよ親に報告となるが、母親の反応もまた独特だ。

 当初は「!?!?!?」と言葉にならない当然の反応で、心配をしたという母。だが自分の思いを伝える娘に、こう言ったという。

「あなたはいつもハチャメチャなことばかり言って…」
「はあ……(溜息)」

 そして「話し合いは、母親の『よくわからない子ね』という言葉と一緒に、涙も怒声もなく、静かに幕を閉じました(白目)」と最終的にはきちんと認めてくれたらしい。

 こうしてAV女優となった紗倉。デビュー作、初の現場でも緊張はなく、あくまでポジティブだ。

「他の女性が経験できないようなセックスができるわけですから、『どんな甘美な世界が繰り広げられるんだろう』」

 そんな期待にワクワクしたほどだった。さらにデビュー作が話題になり、学校の同級生にもバレたが、そこも乗り切った。

「楽しくてしかたない、ここは自分の天職だ!」
「裸で何かを伝えようとしている。それを自分で感じ取れたことに幸せを感じました」

 なんと前向きで素敵な女優さんなんだろう! AVという世界に憧れ、自ら望んでその世界に身を投じ、自分の出来ることを明るく一生懸命がんばる。幼女のようにかわいく、しかも巨乳。まさに天使のような存在だ。これほど明るくノー天気なAV女優の告白や自伝エッセイがあっただろうか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「14歳でAV女優を志した」さんまもハマったAV女優・紗倉まなが抱える闇のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。性教育林グンマ紗倉まなの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
2 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
3 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
4 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
7 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
8 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
9 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
10 『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
11 日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
13 パワハラ休職した社員にさらなるパワハラ
14 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
15 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
16 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
17 愛川欽也が「安倍に殺される」と
18 安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
19 高畑勲監督との別れに宮崎駿監督は…
20 松尾と鴻上が芸能人と政治的発言に意見
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
4産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
5柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
6かこさとしが安倍を「大本営の戦後版」と痛罵
7NHK岩田、櫻井よしこが「良い独裁もある」
8安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
9麻生「改ざんは個人の問題」は鬼畜発言
10 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
11のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
12日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
13是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
14星田、村本、博士がデモ批判に反論
15山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
16石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
17弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
18自衛隊関連組織が日本会議の改憲署名に協力
19柳瀬秘書官の参考人招致は嘘と詭弁だらけ
20安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出