星野源は草食男子じゃなかった! 殺す!と怒ったことも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hoshinogen_01_150119.jpg
『働く男』マガジンハウス

 2013年の堺雅人、2014年には西島俊之や向井理らが結婚し、落胆しているのが文化系女子だ。西島が結婚した際には、人気ドラマ『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)にあやかって、「西島さんが結婚したので、会社やすみます」とツイートする人が現れるなど、傷心した人々が続出したのだ。

 そんな文化系女子の「最後の砦」とも言われているのが、ミュージシャンで俳優の星野源。コラムニスト・能町みね子が主催する「好きな男ランキング」で2012年1位、その翌年も2位と好位置をキープするなど、熱い支持を得ているのだ。

 しかし、星野は目を見張るような美形でもなければ、「an・an」(マガジンハウス)でヌードを披露するような色気あふれる男性でもない。ファンの間では「笑うと目がなくなるところがかわいい」「歌声がたまらない」という声もあるが、ファン以外にはその魅力は伝わりにくいところ。だた、『星野源雑談集1』(マガジンハウス)には随所に、ファンを虜にする彼の小悪魔的な魅力があふれているのだ。

 たとえば、星野ファンは周知の事実である下ネタ発言の数々。本書ではお笑い芸人のケンドーコバヤシとの対談で『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「AVサミット」回にプロデューサーに直接出演を直訴したことや、葬式などの「不謹慎な場でムラムラする」と意外な性癖を明かすなど、下ネタは絶好調! しかし、温和そうな雰囲気をまとっているからか、草食系男子に間違えられることもあるそう。以前は、「『殺す!』って怒ってたんです(笑)」というが、「最近は『そうですねー、好きなセックスの体位は立ちバックです』みたいにニコニコしながら訂正できるようになりました」と見事なドSっぷりを披露している。

 また、ミュージシャンのあこがれの場である『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に初出演したときのことを独自の視点で振り返っている。「関わっている人たちはみんなプロで、画面からは伝わらないかもしれないけど、セットチェンジの最中とか現場は戦争なんですよね。でもその間、トーク席では普通に話していて。ライブよりもライブ感があるんです」と説明し、その緊張感を「もの凄く楽しかったんです」と喜んでいる。「出演者の皆さんもそこに出てるんだっていうプライドと高揚感がたぎってて、見たらまゆゆさんがずっと歌の暗唱をしてて、背中から炎が見えたというか」と、他のアーティストから刺激を受けているようだ。「草食系男子の代表」と言われがちな星野だが、こうした肉食男子のような強気な一面を見せている。こうしたギャップが人気の秘訣なのかもしれない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

星野源雑談集1

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

星野源は草食男子じゃなかった! 殺す!と怒ったことも…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。文化系星野源江崎理生能町みね子草食系の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
8 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
10 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
14 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評