スタバも遺伝子組み換え食品を支援!?「オーガニック」「有機」ブランドの現実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
organic_01_150115.jpg
『オーガニックラベルの裏側 21世紀食品産業の真実』(春秋社) 

ゴキブリ、ビニール片、歯、ネジ……異物混入事件が相次いで発覚しているが、このような目に見える“混入”よりも更に深刻な、目には見えない食の“混入”問題がある。

 さまざまな政治的活動でも知られるミュージシャン、ニール・ヤングは昨年末に、公式サイトで「GOODBYE STARBUCKS!!!」と宣言し、スターバックスの不買運動を訴え始めた。アメリカのバイオ化学メーカー・モンサントが遺伝子組み換え食材の使用明記を条例化したバーモンド州に対して訴訟を起こしており、この訴訟にスターバックスが加わっていることに対して、声をあげたのだ。

 今やスーパーの加工食品の70%に遺伝子組み換え素材が使われていると言われる。この遺伝子組み換え食材において圧倒的な世界シェアを持つモンサント。ニール・ヤングが「モンサントに加担しているスターバックスをボイコットする」と個人行動に出たのは、消費者には目立たぬところで支援をするというスタンスに不誠実さを感じたからだろう。

『オーガニックラベルの裏側』(クレメンス・G・アルヴァイ著/長谷川圭・訳/春秋社)を読むと、この「目立たぬところで」というスタンスが、オーガニック・ブーム全体に横たわっていることが分かる。著者は、有機農法とは名ばかりで、実際にはこれまでの流通形態に準じた「有機農法の“陳腐化”」が進んでいると指摘する。11週間に及ぶヨーロッパ横断取材で得た「エセ有機農法」の実態は、末恐ろしいものだった。

 例えば、ドイツの卵販売会社ハイデゴルト社の契約養鶏場。この会社のウェブサイトでは「青い空の下、黄金色に輝く穀物畑を背景に二羽の鶏が描かれ、右側には伝統的な木組みの家のイラストが添えられている」。しかし、実際の飼育の風景は「オーガニックという名の鶏地獄」。1区画に3000羽の鶏がひしめき合いながらひたすら泣き喚いていた。しかしこれでも「1平方メートルあたり6羽以下」というEUが定める基準値を違反してないという。

 ここにはトリックがある。有機飼育では1羽につき4平方から10平方メートルの土地が用意されることもあると伝えられるが、「鶏が実際にそれだけの空間を動き回ることはありえない」。当初から密閉空間で育てられストレスを溜め込んだ鶏たちは群れを成すことを覚えぬまま、本来の生態行動を乱され、自ら広い場所に出ることが出来なくなる。過度なストレス状態にある鶏同士が首や背中や尾を突つき合った結果、羽がむしり取られ感染症にかかりやすくなる行動障害を「カニバリズム」と呼ぶが、この障害によって、鶏たちは用意された広い農場に出ようとすらしなくなる。そして、この環境で育てられた鶏の卵が「有機飼育」「オーガニック」として市場に堂々と流通していく。

「採卵業界では、有機飼育用であっても、雄の雛は生まれたその日には孵化工場内のベルトコンベアーでシュレッダーまたはガス室に送られる」……こういった実情が隠されたまま、牧歌的なイメージ戦略だけで「有機」というフレーズが活用されていく。この手の「名ばかり有機」は、何よりも実際に小規模生産で有機飼育や農法を守り抜いている人たちを冒涜している。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

オーガニックラベルの裏側: 21世紀食品産業の真実

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

スタバも遺伝子組み換え食品を支援!?「オーガニック」「有機」ブランドの現実のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。オーガニック武田砂鉄農業遺伝子組み換え食品の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも