痩せられないのは“母親の呪い”が原因!? トラウマ解消でダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
juso_01_140822.jpg
『呪詛抜きダイエット』(大和書房)

 連日のように猛暑がつづく日本列島。薄着の季節になり、思ったよりダイエットの成果が出なかったと落ち込んでいる人もいるのでは? ダイエット商材のCMや情報番組を見るたびに「これが欲しい!」「楽して痩せたい!」という思う一方で、心のどこかで「でもどうせ痩せないんだよな」「ムダになるから最初からやらないほうがいい」とブレーキをかけていないだろうか? そういった呪いを跳ね飛ばし、自分らしい体型を手に入れた一部始終を描いたのがマンガ家・田房永子氏の『呪詛抜きダイエット』(大和書房)だ。

 田房氏は、実母の過干渉や心ない一言で長年にわたって傷つけられた過去から母との絶縁までをつづった著書『母がしんどい』(新人物往来社)で、多くの人の共感を得た。幼いころから自己肯定感が低く、鏡を見ることが苦手で、ファンデーションが一部にしか塗れていなかったり眉毛がなかったりということもざら。鏡が全面にあるヨガ教室でも苦痛を感じていたという。食事制限をすればダイエットに成功していたものの、根本的な食欲は治まらずにリバウンド。チョコレート付きのビスケットや鳥のからあげなど「太りやすい食べ物」を買ってきては、「何かがとりついているかのよう」に食べてきたのだ。

 精神科クリニックや催眠セラピーを通し、母との確執を含めた過去と向き合うことに慣れてきた田房氏は、「太る食べ物を大量に食べなければいけない『理由』がある それが知りたい」と自分自身でセラピーを施していく。

 そんな田房氏の心の奥底にいたのは、小学5年生の“私”。母親がパジャマを普段着として着るようにと買ってきて、反抗もむなしくパジャマで修学旅行に参加することに。田房氏は、そういった母の行動は「いじめ」だったと初めて認識する。そして、母親にいじめられているという事実を認められなかったからこそ、母にされたことではなく“私がもともとみじめだからイヤな思いをするんだ”と防御壁を作り、「みじめでいなきゃいけない」と長年自分に呪いをかけてきたことにも気付く。つまり、自分自身を守るために、自分を太らせてきたのだ。

 過去に向き合えた翌日には、「体がポンプみたいになってすごい勢いで排出を始めた」というように、吐き気に襲われ、トイレに駆け込む。そして、次の日からは高カロリーのものに全く食指が動かなくなったという。自分への呪いが解けたことで、自ずと健康な体を取り戻したのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連キーワード

痩せられないのは“母親の呪い”が原因!? トラウマ解消でダイエット のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。いじめ子ども江崎理生の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
8 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
10 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
14 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評