物があふれかえる実家、片付けられない老親をどうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kataduke_140819.jpg
『老親の家、片づけます!』(アート引越センター・エプロンサービス監修/小学館)

 待ちに待った夏休みとお盆。久々に実家に帰郷した人も多かったのではないか。しかし──。高齢の親を持つ人は実家の様子を見て、ふと、こう思わなかっただろうか。

「なんか、前に帰ってきたときよりやけにモノが増えてないか」「親がいなくなったら、このあふれかえっているモノをどう処理するんだろう?」

 そう。近年、高齢親を持つ人々を悩ませている深刻な問題が「老親の家を埋め尽くす膨大なモノの数々」という、高齢者の“片付けられない”問題だ。賞味期限切れの保存食の山に料理レシピや体操メモ、何年も前の広告の切り抜きなどのきれ紙の数々、なぜか5台もある掃除機などの不要家電、今や再生不能のVHSビデオテープ、何年も出したこともない雛人形や思い出の写真の品の数々……。

 ゆっくり実家でダラダラしようなんて呑気な思いは吹っ飛び、「何やっているの!」「片付けて!」と思わず感情的に怒鳴ってしまう。そんな経験を持つ人も多いらしい。部屋がモノであふれていれば掃除も行き届かなくなり、不潔になる。しかも地震大国の日本では老親の身の危険さえある。子どもたちが心配するのは当然だが、しかし感情的になっても事は解決しない。では、そんな時、どんな解決方法があるのだろう。

『老親の家、片づけます!』(アート引越センター・エプロンサービス監修/小学館)には、過去19年間、親世代の家の片づけサポートをしたプロたちによる様々な片づけテクニックが紹介されているが、中でも最も大切なのは老親を“やる気”にさせる数々の心理的作戦らしい。

 そもそも年老いた親たちは、なぜ家を散らかすのか。その心理を知ることは老親をやる気にさせる第一歩だ。

 まず、老親の家は概して広いという物理的問題がある。
「かつては親子で住んでいた家からお子さんが独立して出ていくと、その分のスペースができます(中略)モノを置くスペースができた分だけ、モノが増えてしまう」(同書より)

 これは子どもがいなくなった寂しさを、モノで埋めるという側面もあるという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

老親の家、片づけます! (実用単行本)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 官邸が文科省前次官の実名証言ツブし
2 安倍が朝日の加計学園報道をテロ認定!
3 松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
4 加計に利権独占させた安倍政権の手口
5 共謀罪成立で横浜事件の恐怖が再び
6 木村拓哉帰国でJがトンデモ情報操作
7 室井佑月が共産党に「ネトサポつくれ」
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 村上春樹が「歴史修正主義と闘う」宣言
10 室井佑月が共産小池晃と安倍答弁を分析
11 佐野元春が共謀罪反対「治安維持法だ」
12 報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
13 加計学園疑惑に決定打、安倍側近が圧力
14 京大の入学式にまで…JASRACの強欲
15 『夫のちんぽ』著者が抱える恐怖とは
16 秋篠宮家の料理番がブラック告発
17 加計学園総帥が「首相の後ろ盾ある」
18 スノーデンが警鐘鳴らす日本の監視体制
19 共謀罪が衆院委員会で強行採決の暴挙
20 生前退位ヒアリングで「天皇はおかしい」
PR
PR
1報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
2『あさイチ』が基地に苦しむ沖縄を特集!
3共謀罪が衆院委員会で強行採決の暴挙
4松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
5加計学園「総理の意向」文書は本物!
6佐野元春が共謀罪反対「治安維持法だ」
7加計学園疑惑に決定打、安倍側近が圧力
8 共謀罪に周防監督らも猛反対の声
9安倍が朝日の加計学園報道をテロ認定!
10安倍の9条加憲は日本会議幹部の発案
11室井佑月が共産小池晃と安倍答弁を分析
13室井佑月が共産党に「ネトサポつくれ」
15ガンダム“生みの親”が安倍首相批判!
16水木しげるが50年前に書いた文章が発掘
17安倍の改憲で高等教育無償化はまやかし
18官邸が文科省前次官の実名証言ツブし
20松井知事を松本人志、坂上忍がヨイショ
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」