女性器専門学校開校? シニア世代が今さら女性のアソコ研究に夢中に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
postgendai_01_140817.jpg
左/「週刊ポスト」(7月25日・8月1日合併号) 右/「週刊現代Special」(8月5日号)


 いまや「週刊ポスト」「週刊現代」という二大オヤジ週刊誌のキラーコンテンツとなってしまったシニア向けセックス特集。今夏もその勢いはまったく衰えを見せず、両誌の誌面には毎週のようにこんな見出しが踊っている。

「あぁ忘れられない『驚きの女体』〈死ぬほどSEX あの夜の思い出を語りたい〉」(「週刊ポスト」6/27号)
「女をもっと知りたい 電車内で、オフィスで、トイレで、デート中に…彼女たちは普段からこんなエロいことを考えている!」(「週刊ポスト」7/4号)
「カンタン図解 こっそり楽しむ「60歳からのエロ動画」」(「週刊現代」7/12号)
「この夏あなたを待つ究極の出会い シニア世代に急増する甘く危険な「同窓会SEX」」(「週刊ポスト」8/8号)
「週現「生涯現役」教室『70にして勃つ!』その方法と実践講義」(「週刊現代」8/9号)

 呆れたのを通り越して笑いがこみあげてくるが、そんな中、最近、両誌がやたら熱心に取り組んでいるのが「女性器」研究だ。女性のアソコの形がどうとか、どの部分が感じるのかとか。60、70になってまだそんなことを?と思うのだが、これがもうバカ受けらしいのだ。

 中でも話題を呼んだのが、「週刊ポスト」(7/25・8/1合併号)が「死ぬまでSEX ビッグデータ編」というフレコミで実施した女性器調査。1000 人の女性に「大陰唇の厚さ(幅)は?」「小陰唇の厚さ(幅)は?」「クリトリスの直径は?」「女性器全体は何色ですか?」「陰毛の密度は?」「膣口は上付きか下付きか」など、失礼きわまりない10項目の質問をぶつけ、その集計結果を公開しているのだ。

 明らかに「ビッグデータ」という言葉の使い方を間違えている感じがするが、「ポスト」はそんなことはおかまいなしに“女性器についてこれほど大規模な調査は類を見ない”と胸をはり、その結果を20年前に刊行された医学書『日本女性の外性器』(笠井寛司/フリープレス)のデータと比較しつつ、分析していく。

 たとえば、大陰唇の厚さは、20年前の調査では「5ミリ以下」が39.3%だったのが、今回の調査では23.6%。「ポスト」によれば、現代人の大陰唇は分厚くなっているらしい。クリトリスは逆で、20年前の調査では「5ミリ以下」が43.6%だったのに対して、今回の調査では51.8%と過半数。そこから「クリトリスの小型化で女性は感じなくなってるのではないか」と推測する。他にも絶頂でクリトリスは3ミリ膨らむとか、膣口の上付きが20年前に比べて7ポイント増えているとか、86%超の女性が「女性器の黒ずみ」を自覚しているとか、まるで医学書のような細部にこだわった分析が延々と展開されているのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ヴァギナ 女性器の文化史

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

女性器専門学校開校? シニア世代が今さら女性のアソコ研究に夢中にのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。性教育羽屋川ふみ老人の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
11 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画