近代文学はダメ男だらけ! ここ100年でもっともトホホな男は誰だ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
dameobungaku_01_140817.jpg
『まるでダメ男じゃん! 「トホホ男子」で読む、百年ちょっとの名作23選』(筑摩書房)

 男性の皆様には悲しいお知らせだが、女子会の9割はダメ男のネタや笑い話で構成されている。一人の女子が彼氏のダメエピソードを披露すると、「うわ、そいつ最悪」「ないわ~」「そんなダメ男とは別れなよ!」と次々と飛び交う毒矢の嵐。同情や憐憫のトーンはしっかり滲ませつつも、そんなときの女子って表情がすごくイキイキしてたりする。

『まるでダメ男じゃん!』(豊崎由美/筑摩書房)は、おカタい文学作品をそういうガールズトーク的視点で楽しもうと言う一冊だ。“「トホホ男子」で読む、百年ちょっとの名作23選”というサブタイトルが表しているように、本書は古今東西の傑作小説から、ありとあらゆる種類のダメ男を引っ張り出した、いわばダメ男の見本図鑑。そのなかから独断と偏見でよりすぐったダメ男ベスト5(ワースト?)をここで発表しよう。「いるいるこんな男!」と思わず膝を打ちたくなる彼らのダメっぷり、とくとご覧あれ。


★第5位 ケツの青い甘ったれババコン 『坊っちゃん』夏目漱石

 主人公は愛媛・松山に数学教師として赴任した23歳の江戸っ子青年。無鉄砲で直情型な彼が、同僚の気取ったインテリやその腰巾着たちに反旗を翻すというお話だが、この彼がまあ自己チューなお子ちゃまでひどい。使用人の老婆・清(きよ)にどっぷり依存したマザコンならぬババコン男で、清に借りた金は返さないのに、清からの頼みは無視、そのわりに面白くないことが起きるたび「こんなとき清がいれば」とぼやく始末。生徒のイタズラ、同僚の言動、下宿の造りにまで、とにかく世間にいつもブーブー文句を言っている甘ったれたガキだ。


★第4位 凡庸ゆえに愛されなかった寝取られ男 『ボヴァリー夫人』フローベール

 恋愛中毒な人妻が不倫に溺れた挙句、多額の借金を抱えて自殺するロマンス小説『ボヴァリー夫人』。フランス文学史に残るこの名作、軽薄に浮気しまくるボヴァリー夫人も大概イタい女だが、本書で“ダメ男”ぶりにスポットが当てられるのは夫のシャルルだ。凡庸、愚鈍、無趣味。女心に疎く、妻と浮気相手を接近させるきっかけを作る、要するにバカがつくほどのお人好し男。いつの時代もどんな国でも、「いい人なんだけど、一緒にいても退屈なんだよね~」と女たちが口を揃えて見限ってしまうタイプの地味系ダメ男。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

まるでダメ男じゃん!:「トホホ男子」で読む、百年ちょっとの名作23選 (単行本)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

近代文学はダメ男だらけ! ここ100年でもっともトホホな男は誰だ?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ランキング文学阿部花恵の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画