吉高由里子が“私の裸を見て”と迫った男…壮絶な過去を告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 もちろん、吉高の“度胸のよさ”を表すエピソードはほかにもある。そもそも、本作のオーディション前にはヌードシーンがあることを伝えられていたというが、吉高の感想は「生々しいストーリーだな」と思っただけ。この物怖じしない性格は、まさに女優にふさわしいもの。また、福田彩乃のものまねでもおなじみのトリスハイボールのCMも、じつは発泡酒のCMに出ていたにもかかわらず「ハイボール、好きなんです」とCM担当者に言っていた結果やってきた仕事なのだとか。ここまでくると、天然というよりも肝っ玉が据わっていると言ったほうがいいだろう。

 奔放で自由気まま──。そんなふうにも見える吉高だが、すべてが順風満帆でお気楽にやってきたというわけでもない。というのも、『蛇にピアス』の主演に決定した翌日、吉高は交通事故に遭い、全治半年を言い渡されている。しかも、「ICUで隣のベッドの人が亡くなっていく姿を目にして怖いと思ったり、あまりの痛みに無意識のうちに唸っていて、その自分の声で目が覚めることもあった」と言うほどで、相当な傷を負ったらしい。

「顔からジャリジャリ音がするのが気になって気になって。(中略)そしたら、今度は血も流れてきた。看護師さんには「鏡を見せて下さい」と言うと、「鏡は無いです」って。心の中では「そんなはずないやん!」と思っていましたが、どうしようもありません」(前出インタビューより)

 寝返りも打てないほど身体が痛み、トイレに行こうとしても看護師に「下の面倒は見るから」と止められる。だが、どうしても気になった吉高は、匍匐前進で夜中にトイレまで行き、鏡を見た。ぐるぐる巻きの包帯をとると、そこに映っていたのは皮膚が全部はがれ、かさぶたに覆われた自分の顔。──女優にとって顔は命とはよく言われるように、当然、吉高も大きなショックを受けた。

 しかし、そんな吉高を救ったのは母親の存在だった。顔全体を包帯に包まれた娘に対し、母は「(吉高の)鼻の息で包帯がプルプル揺れるのが面白かったようで、笑いながら携帯のカメラでパシャパシャと私を撮るんです」。吉高はこうした母の行動を見て、「おかげでなんか生きていけそうだな」と思ったというが、彼女のおおらかさは母親譲りなのだろうと感じさせる話でもある。

「あの頃の私は人間的にとんがっていたし、人に感謝することも知りませんでした。お前は一度、痛い思いをしないと分からないと、ああいう事故の経験が与えられたんだと思います」(前出インタビューより)

 経験をバネにして、いまでは国民的女優の階段をのぼるまでにいたった彼女。“肉食系女子”として、これまでflumpoolの尼川元気や生田斗真、RADWIMPSの野田洋次郎などと浮き名も流してきたが、記事として書き立てられることについても「そういうことはあまり気にしなくなった。私が勝負しているのは、あくまで作品なんです」と力強い。

 ちなみに今後演じてみたい役は、「もっと老婆役をやってみたいかな」。ここまで言い切るのだから、きっと今後の『花子とアン』も大いに期待できると信じたいところだ。
(サニーうどん)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

人間ドキュメント 蜷川幸雄伝説

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

吉高由里子が“私の裸を見て”と迫った男…壮絶な過去を告白のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NHK吉高由里子朝ドラの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
14 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 原発広告に文化人や芸能人が
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
19 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
20 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画