ろくでなし子逮捕は不当だ! もうこれ以上“まんこ”を虐げるな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
rokudenashiko_140730.jpg
ろくでなし子 公式ブログより

 女性器の3Dデータを配布した「わいせつ電磁的記録媒体頒布罪」の疑いで逮捕され、7月18日に釈放されたアーティスト・ろくでなし子氏。自らの性器を3Dスキャナーで撮影しデータ化、それをクラウドファンディングで寄付してくれた人へ「データを基に一人ひとり、まんこを使ったおもしろい作品を作ってみてほしいという考えから」謝礼として送付。そのことが逮捕につながったようだ。

 ろくでなし子氏は、女性器を型どってポップにデコレーションした立体作品「デコまん」を制作するなど、これまで女性器を創作のテーマにしてきた。今回問題になった3Dデータについても、自らの女性器をスキャンし型どったボート「マンボート」を作成し実際に多摩川を渡る、というアートプロジェクトの一環だ。

 身体の一部であるにも関わらず、女性にとって女性器と向き合う機会は少ない。もっと自分の性器、まんこを肯定的に捉えられたら──そんな思いが、ろくでなし子氏の作品制作の根底にはある。しかし今回の事件を受けて、「女性器でアートなんて下品」「ただのエロを芸術と呼ぶな」という心ない意見も飛び出す一方、新聞やテレビの大メディアでは、「芸術か猥褻か」といった、逮捕の妥当性そのものを問う議論すらほとんどなされていない。

 だが、こうした女性器をテーマにした表現──いや、ここではろくでなし子氏に敬意を込めて、まんこアートと言わせていただこう──バッシングは、いまに始まった話ではない。その一例を、社会に抵抗し、価値の転覆をはかろうとする芸術家たちの表現について考察した『アート・アクティヴィズム』『攪乱分子@境界―アート・アクティヴィズム 2』(北原恵/インパクト出版)から紹介したい。

 まず、70年代より女性をテーマにしてきたジュディ・シカゴが、5年の歳月を費やして完成させた《ディナー・パーティ》という有名な作品がある。これは、“女たちの偉業を祝福するための晩餐会で、ディナーテーブルに供された陶皿が客人たち自身のヴァギナである”というインスタレーションで、歴史に登場する女性たちの功績を称えたもの。十人十色のまんこ(の陶皿)は見る者を圧巻する大作だが、この作品がサンフランシスコ近代美術館に展示されると、批評家たちからは「猥褻物」と激しい非難の声があがったのだ。

 また、スザンヌ・サントロは「伝統的な西洋絵画における女性器の扱い方」に疑義を唱え、「芸術においていかに女性器が消し去られてヌードが理想化されたか」をテーマにした。そしてサントロは、“まんこが消し去られた”美術史のヌード画から、女性器のクローズアップ写真と花や貝殻、ゴチック様式の彫刻などを並置した著書『新しい表現に向けて』(1974年)を出版。これには大きな反響があり、イギリス現代美術のギャラリー・ICAから出展依頼を受けるが、主催者の検閲によって「芸術的にすぐれた猥褻は守るつもりだが、今回の作品は性的自己表現だから」という理由で排除されてしまう。──自分のセクシュアリティを女性が語る。それだけで検閲を受けてしまったわけだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

攪乱分子@境界―アート・アクティヴィズム 2

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ろくでなし子逮捕は不当だ! もうこれ以上“まんこ”を虐げるな!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ろくでなし子絵画の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画