シャンプーがあなたをハゲさせる? ボディソープでアトピーに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shampoo_01_140729.jpg
『体を壊す13の医薬品・生活用品・化粧品』(幻冬舎新書)

 いよいよ梅雨もあけ、本格的に夏が到来した。汗をかきやすいこの季節、多くの人が汗のにおいを気にするが、ある人たちのあいだでは、もうひとつ悩みがある。それは、汗によって髪がべったり張り付き、薄毛がバレてしまうのでは?……ということだ。

 薄毛は中年男性の悩みだと思われがちだが、若い男子にも思い詰めている人は数多い。さらに女性にとっても、薄毛によって髪にボリュームが出ないことは悩みのタネ。老若男女共通の問題なのだ。でも、どうして薄毛になってしまうのか──その原因のひとつを「みなさんが毎日行っているシャンプーを使った洗髪にあると考えられます」というのは、『体を壊す13の医薬品・生活用品・化粧品』(渡辺雄二/幻冬舎新書)だ。

 多くのシャンプーの洗浄成分は、合成界面活性剤のアルキルエーテル硫酸エステルナトリウム(AES)、AESのなかでもポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム、略称「ラウレス硫酸Na」というものだ。この「ラウレス硫酸Na」は皮膚に対する刺激性があるそうで、本書によれば「ラウレス硫酸Naの0.25%溶液をヒト29人の皮膚に、48時間貼付した実験では、6人がかすかに赤くなり、1人には強い刺激反応がありました」という。この刺激性が「頭皮を赤くしたり、かゆみなどをもたらす可能性がある」らしい。そして、髪を守っているキューティクルも傷つけられているというのだ。

 ある実験では、市販のシャンプーで毎日髪を洗っている22歳の女性は「20層あるキューティクルが溶けてしまい、変形」。同じように45歳の男性も「キューティクルが溶けて落ちかけていました」と著者は述べている。

 なかには「キューティクルが溶けても、髪にツヤがなくなるだけでは?」と思う人もいるかもしれないが、キューティクルが完全に破壊されてしまうと、深部にある毛髄質という糸状の細胞がむき出しになってしまう。つまり、髪が脆くなり、毛が抜けるサイクルが早くなってしまうのだ。

 ラウレス硫酸Naは浸透力も強く、毛が抜け落ちた毛根部(の毛乳頭、毛母細胞)にもダメージを与え、毛が作られにくくなってしまう。このため、結果的に薄毛になってしまうのではないかというわけだ。

 この「ラウレス硫酸Na」は、実は台所用洗剤に含まれている成分。つまり、私たちは、台所用洗剤で髪の毛を洗っているのと変わらないのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

体を壊す13の医薬品・生活用品・化粧品 (幻冬舎新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

シャンプーがあなたをハゲさせる? ボディソープでアトピーに?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アトピーハゲの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
2 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
4 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
5 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
8 財務次官セクハラが海外メディアでも
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
13 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 葵つかさが「松潤とは終わった」と
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
19 ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!
20 上念司もケントと同様、加計の客員教授
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8参加阻止も…官邸前デモの警備がひどい
9 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!
20 財務次官セクハラが海外メディアでも