HIROが上戸彩との子作り延期宣言「しばらく自分のことに専念して」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
uetohiro_01_140724.jpg
画像はテレビドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』オフィシャルサイトより

 上戸彩の主演ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(フジテレビ系)のエンディング映像が「エロすぎる」と話題を集めている。上戸が演じるのは、パート勤務の平凡な主婦。吉瀬美智子演じるセレブ妻に導かれるかのように、不倫に燃え上っていくという役どころだ。エンディングでは上戸や吉瀬が全裸のままシーツをまとって、身体をくねらしながら悩ましげな表情を浮かべるシーンがあり、今後のストーリー展開とともに際どいシーンが期待されているのだ。

 ドラマでは不倫する主婦を演じている上戸だが、私生活では2012年9月にEXILEの元パフォーマー・HIROと結婚したばかり。もともと保育士になるのが夢だったと語っている彼女は、チャイルドケアライセンスという育児関連の資格を取得するほどの子ども好き。イベント取材などで「30歳までには子どもがほしい」と繰り返し公言している。HIROも昨年末でパフォーマーを引退し、現在は所属事務所LDHの代表取締役社長としてプロデューサー業に力を入れているため、いよいよ本格的な“妊活”に入ったと一部週刊誌などでは報じられてきた。ところが、6月末に発売されたHIROのエッセイ『ビビリ』(幻冬舎)では、思いがけないHIROの本音が語られているのだ。

 それは、上戸のことをつづった「愛棒」という章での一節。「どうせなら結婚を機に、女優としてもう一段階成長してほしい。もちろん結婚したら、家庭を第一にというのも悪くはないけれど、彼女の場合はどうしても違う気がする」「まだしばらくは、自分のやりたいことに専念してもらいたいと思っている」と、事実上の子作り延期宣言ともとれる発言をしているのだ。

 幼いころから芸能界に身を置き、長らく事務所の看板女優として第一線で活躍してきた上戸は、HIROからみると「天真爛漫な子供のまんまの部分」と「とても成熟した大人」の相反する面を持ち合わせているという。「自分のペースで仕事ができるから、昔みたいに忙しくはないと言うけれど、それでもスケジュールを見るとビビる。CMとか、いつの間にこんなの撮っていたのと思うくらい仕事をしてる」そうで、それを平然とこなす上戸のプロフェッショナルな姿勢をHIROが尊敬していることがうかがえる。それゆえか、「彼女は僕の妻になってくれたけど、全部が僕のものではない気がしている」と人気女優と結婚した男特有の悩みを持っているようだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

HIROが上戸彩との子作り延期宣言「しばらく自分のことに専念して」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。EXILEHIROLDH上戸彩の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
6 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
7 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
8 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
9 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
10 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
15 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
16 葵つかさが引退宣言?松潤のせい?
17 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
18 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
19 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20 財務次官セクハラが海外メディアでも