テレビ朝日が幻冬舎の宣伝機関と化している! 見城社長と関係か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
gentousha_01_140723.jpg
画像は株式会社幻冬舎ウェブサイト「書籍詳細: 食べものだけで余命3か月のガンが消えた 全身末期ガンから生還した、私のオーガニック薬膳ライフ」より


 本サイトでも既報のように、20万部超のヒットとなった『食べものだけで余命3か月のガンが消えた 全身末期ガンから生還した、私のオーガニック薬膳ライフ』(高遠智子/幻冬舎)に虚偽・経歴詐称疑惑がもちあがっている。

「週刊新潮」(新潮社)6月19日号では、著者の高遠智子氏がかかっていた「スキルス性の卵巣がん」という病気が存在しないという指摘を受け、続いて「FLASH」(光文社)7月15日号でも「本に書かれていた放射線治療法が医学的にありえない」という疑問が投げかけられた。さらに「FLASH」では、パリ・リッツホテルの料理教室に4年通い、北京中医薬大学の薬膳専科に1年間留学していたという高遠氏の経歴がいずれも現地の記録になく、詐称の可能性があることも報じられた。

 がんという生死に関わる問題で、虚偽の経歴と虚偽の体験談をでっちあげ、自分の薬膳料理を喧伝していたとしたら、著者の行為はきわめて悪質だといわざるをえない。

 もちろん、版元の幻冬舎の責任も重大だ。幻冬舎といえば、カリスマ編集者の見城徹氏が1993年、角川書店を退社し設立した出版社だが、設立以降、毎年のようにベストセラーを生み出し、今では小学館や講談社とも肩を並べるほどの存在になっている。そんな大手出版社が詐欺商法まがいの出版物を出していたとしたら、それこそ信用問題にかかわるだろう。

 しかし、この問題ではもうひとつ、責任を追及されるべきメディアがある。それはテレビ朝日の朝の情報番組「情報満載ライブショー モーニングバード!」だ。同番組は『食べものだけで余命3か月のガンが消えた』発売から1ヶ月後の6月6日に「週刊人物大辞典」というインタビューコーナーで、著者の高遠氏を大々的に紹介。その売れ行きに大きく貢献しているのだ。実際、書店のデータを見ても、同書は「モーニングバード」放映を境に売れ行きが倍増している。

 佐村河内氏のゴーストライター騒動では、ブームの火付け役となったNHKが検証番組を放映しておわび。同氏を紹介した民放各局も軒並み謝罪をする事態となった。だとしたら、虚偽記述や経歴詐称がもちあがっているこの『食べものだけで余命3か月のガンが消えた』についても、テレビ朝日は一刻も早く、放送番組審議会などで論議し、その真偽を視聴者にきちんと説明すべきではないだろうか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

メディアの苦悩――28人の証言 (光文社新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

テレビ朝日が幻冬舎の宣伝機関と化している! 見城社長と関係かのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。EXILEテレビ朝日安倍晋三幻冬舎見城徹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
2 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
3 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
4 財務次官セクハラが海外メディアでも
5 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
6 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
9 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
10 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
12 上念司もケントと同様、加計の客員教授
13 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
14 葵つかさが「松潤とは終わった」と
15 「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
16 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
17 麻生太郎が愛人の店に2360万円
18 小林麻耶がラジオで涙の本音吐露
19 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
20 ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6参加阻止も…官邸前デモの警備がひどい
7村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12吉野復興相秘書が復興事業で利益誘導
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14“土俵は女人禁制”は本当に伝統?
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!