神田沙也加“リア充なのにヲタアピール”に疑問の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kanndasakaya_01_140722.jpg
神田沙也加オフィシャルウェブサイトより


 空前の大ブームを巻き起こしている『アナと雪の女王』で、アナの吹き替えを担当し、大ブレイクしている神田沙也加。その歌唱力や声質、演技力も含めて「すごい!」と絶賛されている。

 その神田がここのところ、ガチヲタアピールでさらに好感度を上げている。バラエティに連日出演し、活動休止中にロリータファッション誌で「Lily」という名義で読者モデルをしていたこと、母・聖子の曲を作詞作曲した際のペンネームがマンガのキャラに由来すること、アニメ、ゲーム好きが高じて声優の専門学校に通っていたこと……などなど数々のヲタエピソードを披露している。

 なかでもヲタぶりがほとばしっていたのは、『バナナマンの決断までのカウントダウン』(フジテレビ)での、プライベート密着映像だ。アニメイトを訪れた神田が、脇目もふらずまっしぐらに向った先は『AMNESIA』という乙女ゲームのガチャガチャ。ガチャガチャをする前にしゃがみ込み、壁との隙間に頭をつっこみマシンの後ろを覗き込むなど、お目当てのキャラが出やすい位置にいるかを入念にチェックする姿は、まさにガチヲタとしかいいようのない。その執念が実り、見事お気に入りキャラ「ウキョウ」を一発で当てるといヲタ運の強さも見せた。神田が「ウキョウ様!」と連呼しその魅力を語る様に、「ウキョウ様が地上波デビュー!」とネットでオタク女子たちも大興奮。神田の好感度が一気に急上昇した。

 ただ、芸能人がヲタアピールを始めると「ニワカなのでは?」「営業では?」という疑念もつきまとう。その点、神田の場合、「地上波デビュー」とオタク女子たちが騒然とした『AMNESIA』をはじめ、好きな作品に『ダンガンロンパ』『ギルティクラウン』『ゆるゆり』『妖狐×僕SS』『僕は友達が少ない』『うたの☆プリンスさまっ♪』を挙げるなど、たしかにオタクの間では人気が高くミーハーと言ってもいいラインナップだが、一般人はその存在を知らないというレベルの作品が多い。また『AMNESIA』や『うたプリ』など、乙女ゲーも入っているあたり、「ジョジョが好き」などの男受けを狙ってのオタクアピールとも一線を画していると言えそうだ。

 しかし、それでも“営業ヲタ”ではと神田が疑われてしまうのは、やはり母である松田聖子のイメージが大きいだろう。アイドル時代から現在に至るまで自由奔放に恋愛を重ねてきた“恋愛スキャンダルの女王”のイメージと、“オタク”というのが結びつかないどころか、相反する印象があるからだ。

 この点について、母の奔放すぎる恋愛の反動で、沙也加がオタク趣味に走ったのではないか。そんな指摘するネットニュースもある。が、この指摘も当たらないだろう。恋愛遍歴が豊富なのは聖子だけではなく、沙也加自身もまた、十代の頃から、ミュージシャンや共演俳優たちと次々に浮き名を流してきた。いま現在も、自身の音楽ユニット「TRUSTRICK」のパートナーであるBillyと熱愛中との噂もある。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

文化系女子という生き方~「ポスト恋愛時代宣言」! ~

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

神田沙也加“リア充なのにヲタアピール”に疑問の声のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。キャラリア充神田沙也加の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 麻生太郎が愛人の店に2360万円
13 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
14 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
20 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
16上念司もケントと同様、加計の客員教授
17セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
18羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした