太宰治が川端康成に殺害予告!? 芥川賞の黒歴史がスゴイ件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
akutagawashou_01_140716.jpg
『直筆で読む「人間失格」』(集英社)

 明日、第151回芥川龍之介賞と直木三十五賞が発表される。直木賞は中堅作家の大衆文学作品に与えられるが、一方の芥川賞は純文学の新人作家に与えられる“登竜門”的な位置づけ。セールス面ではどんなに本屋大賞が大きな影響力を持とうとも、社会的影響力という意味ではやはり芥川賞の存在感はいまだ大きい。純文学を志す作家にとって芥川賞は“なんとしても獲っておきたい賞”であることに違いはない。

 だが、過去の受賞者を見ていると、いまでは名実ともに評価が高い作家が意外と芥川賞を獲っていないことも。その最たる例が“ノーベル文学賞”候補にもあがる世界的作家・村上春樹。デビュー作「風の歌を聴け」で第81回、続く「1973年のピンボール」で第83回芥川賞候補となっているが、いずれも落選している(ちなみに第81回の受賞者は重兼芳子と青野聰、第83回は受賞作なし)。また、春樹同様に海外評価が高いよしもとばななも「うたかた」(第99回)、「サンクチュアリ」(第100回)で候補にあがるが、ともに落選(第99回受賞者は新井満、第100回は南木佳士と李良枝が受賞)。島田雅彦にいたっては、現在、芥川賞の選考委員をつとめているにもかかわらず、なんと6度も落選し続け、結局受賞していないのだ。

 6度も落とされて選考委員を引き受けている島田は「お人好し」としか言いようがないが、春樹などは、昨年の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』までは、文藝春秋から長編小説を1冊も出していなかったあたり、芥川賞の勧進元に対する複雑な感情もうかがわれる。

 しかし、この作家ほど芥川賞に執着した作家はいないのではないだろうか。落とされて激怒し、情けないほどの恨み節をたらたらと述べたのは、かの文豪・太宰治である。

 太宰が芥川賞候補になったのは、賞が誕生した第1回(昭和10年)。作品は「逆行」だった。そもそも芥川・直木両賞は文藝春秋の社長だった作家・菊池寛が“半分は雑誌の宣伝のために”と設立したものだが、現在のように社会的ニュースとして注目を集めるようになったのは1956年に石原慎太郎が「太陽の季節」で第34回芥川賞を受賞してからのこと。「文藝春秋」07年3月号に掲載された「芥川賞10大事件の真相」によると、第1回の結果発表時は、新聞の扱いが軒並み小さいどころか、一行も書いてくれなかった新聞もある、と菊池は激怒したという。まだ海のものとも山のものともつかない賞だったのだ。

 ただし、さすがはやり手の菊池寛というべきか、選考委員はまさしく豪華絢爛。谷崎潤一郎に川端康成、室生犀星、山本有三、佐藤春夫などの錚々たる作家が名を連ねている。そんななか発表された第1回受賞作は石川達三の「蒼氓」。そして、この結果に憤慨したのが当時26歳の太宰だった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

太宰治ADHD(注意欠陥・多動性障害)説―医師の読み解く「100年の謎」

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

太宰治が川端康成に殺害予告!? 芥川賞の黒歴史がスゴイ件のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。出版業界芥川賞の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
2 トランプ差別発言に有本香と玉川徹が
3 『永遠の0』は恐い!元特攻要員が批判
4 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
5 ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
6 吉永小百合が「9条は変えさせない」
7 トランプ的どっちもどっち論横行の日本
8 日本の外務省が文大統領と同様の発言
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
11 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
12 テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
13 欅坂46平手欠席の背景にブラック労働
14 寂聴「憲法を汚した安倍は世界の恥」
15 幹部から新人までほとんどが商売右翼
16 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
17 水木しげるが描いた慰安婦「地獄だ」
18 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
19 グッディ!土田マジギレ真の原因
20 ローラが所属プロと奴隷契約トラブルも
1吉川晃司が安倍の核禁止条約拒否を批判
2長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
3加計幹部が官邸訪問、安倍と下村が
4久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
5綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
6テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
7高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
8市原悦子が語る戦争と安倍政権への怒り
9長崎のメッセージも安倍には届かず!
10安倍応援団が発狂状態でメディア攻撃
11グアム北ミサイルは存立危機事態でない
12仲代達矢と桂歌丸が語った戦争体験
13手塚治虫が描いた戦争をいま読み直す
14閉会中審査、小野寺防衛相も隠蔽体質
15寂聴「憲法を汚した安倍は世界の恥」
16幹部から新人までほとんどが商売右翼
17極右丸出し”日本ファースト”は小池命名
18ネトウヨが『ひるおび』を勘違い攻撃
19安倍の「人づくり」名称のルーツは?
20岸田『ひるおび!』出演にネトウヨが
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」