野々村県議を見て思った。男が泣いたっていいじゃないか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nonomura_140715.jpg
野々村竜太郎公式ブログより


「この日本をぉぉお、あぅおぅ、世の中を………がえだいぃぃぃぃ!」

 野々村竜太郎・元兵庫県議へのツッコミが止まらない。そのレッドゾーンまでふりきった泣きっぷりが繰り返し笑われているのはもちろんだが、「中学時代のあだ名は“発作マン”」「学生時代所属していたコーラス部でストーカーの過去」など、真偽のほどは定かではない噂まで連日ワイドショーを賑わせ、ついに先日、議員辞職に追い込まれた。

 野々村議員が日本中からここまでいじられた裏には、やはり私たちの中に「大の男が人前で泣くなんてみっともない」という意識があるからだろう。
 
 果たしてほんとうにそうなのだろうか。たしかに私たちは小さい頃から「男は人前で涙を見せるな」と教え込まれてきた。だが、人前で泣くのは「文化的に考えても決して恥ずかしいことではない」というのは“涙活”の提唱者である寺井広樹氏だ。氏の著書『泣く技術』(PHP新書)によると、そもそも「日本では古来より涙は美しいものとされ、男性の涙に対しても寛容」だったという。

「たとえば『源氏物語』に出てくる涙の表現は『よよと泣く』『涙にむせぶ』『ほろほろ』などさまざまです。」
「『平家物語』では、平清盛はじめ武将たちも、「悲しみの涙」「憐れみの涙」「鎮魂の涙」「嬉し涙」等さまざまな涙を流しています。」
「本来、日本人は男女ともによく涙を流し、涙の表現をしてきたのです。」

 しかし、急激に近代化した明治以降、男の涙は否定的に扱われるようになった。歴史学の研究でも近代の徴兵制によって男女の役割が明確化され、軍事教育で実際に「男は泣くな」という教えが徹底されたことが「男は人前で涙を見せるもではない」という意識に大きく影響していることがわかっている。

 そして、寺井氏はこうした過去の呪縛を解き放ち、むしろ泣くことには「素晴らしい効果があるのだから、積極的に涙を流していい」と主張するのだ。

 その効果の最大のものとは、ストレス解消。人間の自律神経には身体や頭を活発に活動させる「交感神経」と、身体をリラックスさせる「副交感神経」があり、ストレス状態というのは交感神経が高まっている状態のことをいう。その緊張を緩めるには寝ることが最も効果的だが、涙腺が副交感神経のコントロール下にあることから、「起きている状態のまま、副交感神経を活発にできる唯一の方法が、涙を流すこと」なのだそうだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

野々村県議を見て思った。男が泣いたっていいじゃないか!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。政治家野々村竜太郎の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
12 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
19 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画